からだ

楽しくできる脳ドリル、「おサイフの中身」で記憶力トレーニング。

  • イラストレーション・かざまりさ ドリル監修・加藤俊徳

加藤俊徳(かとう・としのり)
「脳の学校」代表、医学博士

加藤プラチナクリニック院長。米国ミネソタ大学でアルツハイマー病や脳科学の研究に従事。『Dr.クロワッサン 100歳までボケない脳トレ』(マガジンハウス)など著書多数。

「脳は100歳になっても成長します」と、1万人以上の脳のMRI画像を解析してきた医師の加藤俊徳さん。

「脳は加齢で老化しますが、老化のペースを上回るトレーニングをすることで成長させることができます」

脳には1000億個以上の神経細胞があり、同じような働きをする細胞は同じ場所に集団で存在している。加藤さんは脳を1つの町に見立て、機能と場所で区別して“脳番地”と名付けた。

ワーキングメモリは、記憶を司る海馬を擁する「記憶系脳番地」との関連が深いが、

「記憶系だけでなく、視覚系や思考系など他の脳番地とともに動かすことが必要。見て、聴いて、理解してから話すという視覚・聴覚・理解・伝達の流れが重要なのです。“記憶系”を中心に置きつつ、脳番地をバランスよく鍛えましょう」

脳は働きによって8つの番地に分けられる

【思考系】物事を深く考え、判断・集中力を高める

【運動系】身体を動かすために必要

【視覚系】目で見たことを脳に集積させる

【感情系】喜怒哀楽を表現する

【理解系】目や耳から収集した情報を統合し理解する

【伝達系】他人と意思疎通を図るために必要

【聴覚系】言語や音を聞き分けて脳に集める

【記憶系】脳の中心部にある海馬と周囲の領域

◎ 回答 ◎

(1)3,085円 (2)4,945円 (3)4,015円 (4)3,795円 (5)5,460円 (6)4,425円 (7)2,375円 (8)4,225円 

思考系が鍛えられ、集中力がアップするトレーニング。
トレーニングはいずれも、点数で優劣を判断するものではありません。同じ問題でいいので毎日取り組み、脳を少しずつ刺激することが大切です。

『クロワッサン』1030号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。