からだ

【動画】坂詰真二さんの体年齢チェック&下半身の硬さを取る静的ストレッチ

雑誌『クロワッサン』(6月25日発売「大人の楽トレ。」特集)連動企画。トレーナー・坂詰真二さんに、部屋でできる楽々トレーニングを教えてもらいました。

 

まずは、20秒でできるテストで、“動ける度”をチェックしよう。

床タッチの合計回数で体年齢を判定。

1、足を揃えて立ち、両手を体側に。
2、右手を前に、左足を後ろに 上げて、手で床に触れる。軸脚の膝はまっすぐに。
3、1の姿勢に戻る。
4、次に左右の手足を替えて同様に。

テストを行って秒間で床にタッチできた回数を下の判定表に当ては め、“動ける度”の体年齢を割り出してみる。回数は左右の手の床タッチの合計。軸足がズレるか、ペースを保てなくなったら 秒を待たずに終了し、その時点での合計回数で判定する。実年齢以上に動ける年齢が高くなっても、がっかりする必要はなし。 ストレッチと筋トレ、そして有酸素 運動の楽トレを実践すれば、体年齢は確実に若返る。2週間トレーニングを行った後、再びテストに挑戦を。

9回以上、およそ2秒に1度の速いペースで床に触れることができたという人は、20代なみの筋力、柔軟性、バランス能力を備えているということ。動作がゆっくりになればなるほど30代、40代と動ける年齢は高くなっていく。バランスを失って足の位置が早々にズレ、まったくできなかった、あるいは2回しかできなかったという人は60代という結果に。 正確な動ける年齢を割り出すためにも、くれぐれも床タッチ回数は自分に正直に。

下半身の硬さを取る 静的ストレッチ【ふくらはぎ】

下半身の硬さを取る 静的ストレッチ【太もも裏】

下半身の硬さを取る 静的ストレッチ【太もも前】

下半身の硬さを取る 静的ストレッチ【お尻】

坂詰真二(さかづめ・しんじ) ●NSCA認定パーソナルトレーナー。各種メディアでの運動・ダイエット指導で活躍中。『今日から自宅がジムになる 宅トレ』(カンゼン)など著書多数。

『クロワッサン』1024号より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。