からだ

カラフルなフラット靴が“映える”デニムスタイル。【楽しい春おしゃれ】

装いの決め手となるだけに、靴選びは大事。旬の一足を手に入れたら、ファッションの鮮度もさらにアップする。スタイリストの大沼こずえさんに教わります。
  • 撮影・長友善行(人物)、魚地武大(TENT/静物) スタイリング・大沼こずえ(eleven.) ヘア&メイク・福沢京子 モデル・麻宮彩希 文・喜多川美穂

色鮮やかなフラットパンプスが台頭。

「ジャケットにデニムの定番スタイル。ローファーを合わせたくなるところをカラーフラットにするだけで、ぐっと今年らしく。鮮やかな色を着るのは抵抗があっても、靴ならハードルが低い。靴の色が強い場合、服の色数を絞るとよりきれいにまとまります」

爽やかブルーのポインテッドトゥ。レザーのシューズ[H0.8cm]2万5000円(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店 TEL.092-406-3353) ジャケット5万9000円(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店) シャツ3万6000円、パンツ3万円(共にホープ/ブルーベル・ジャパン〈ファッション事業本部〉 TEL.03・5413・1050) ブレスレット1万2000円(ヴァンドームブティック/ヴァンドームブティック 伊勢丹新宿店 TEL.03-3351-3521)

Item

1.ライナーまで赤の青海波。シューズ[H1.5cm]2万1000円(クラークス/クラークスジャパン TEL.03-5411-3055) 
2.洒落た配色。ゴートレザーのローファー[H2cm]2万3000円(スペイン メード パークマンション/ヒットマン プレスルーム) 
3.新鮮グリーン。スエードのシューズ[H2.2cm]2万6000円(トラディショナル ウェザーウェア×マリサ レイ/トラディショナル ウェザーウェアGINZA SIX店) 
4.ネイビーが優雅。スエードのシューズ[H0.5cm]7万9000円(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン TEL.03-3403-5564) 
5.肌なじみのいいオレンジ。スエードのシューズ[H1.2cm]2万3000円(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店 TEL.06-6151-2095)

『クロワッサン』1017号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。