からだ

最適な1本を見つけられたら、眼鏡ライフをより楽しめます!

眼鏡ライターの伊藤美玲さんに、眼鏡選びのポイントを聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ、多田 寛(商品) 文・長谷川未緒

「スマホが見えづらいと思ったら、老眼の始まりかもしれません」と眼鏡ライターの伊藤美玲さん。

それまで眼科と無縁だった人は、見えにくさの原因が目の病気の場合もあるため、まずは眼科の受診を。

「老眼だとわかったら、老眼鏡を用意しましょう。そのほうが目のためにいいですし、抵抗があるかもしれませんが、見たいものを遠く離している姿のほうが、年齢を感じさせると思います」

老眼鏡といっても、好きなフレームに自分に合った度数のレンズを入れればいいので、近視用と見た目はさほど変わらない。サブ使いであれば、度入りの既製品も手軽。

大人の目には、老眼鏡だけでなく、サングラスも必需品だ。紫外線を原因とする目の病気もあるため、日焼け止めを塗る感覚でサングラスをかけよう。

こちらも好きなフレームでつくれるが、小さすぎると紫外線が目に入るため、ある程度の大きさは必要。

「グレーのレンズは曇り空のような感じといった、かけたときの見え方も大切です。好みの濃さや色を見つけるため、試着したら外に出てみましょう」

似合う眼鏡のセオリーは、眼鏡の縦幅が眉からあごまでの長さの3分の1、横幅は顔の幅に収まるものとされているが、こだわらなくても大丈夫、と。

「黒目の中心とレンズの中心が合うものを選ぶようにして、あとは自分がなりたい雰囲気のものを選べばいいと思います。とびきりの1本が見つかれば、気分よく眼鏡をかけられますよ!」

伊藤美玲(いとう・みれい)さん●眼鏡ライター。ー眼鏡を100本以上持ち、眼鏡専門誌などを中心に執筆中。眼鏡の国際展示会「iOFT」で行われる日本メガネ大賞の審査員を務めた経験も。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。