facebook instagram twitter youtube
ファッション

ボトムスの着こなし、今年流。【パンツ】編

人気のボトムスをどう着こなせばいい? スタイリストの平澤雅佐恵さんが今年流のバランスをアドバイス。
  • 撮影・天日恵美子 スタイリング・平澤雅佐恵 ヘア&メイク・石川智恵 モデル・小野りりあん 文・後藤真子

人気のワイドパンツやガウチョは、いかに腰高で脚長に魅せられるかが勝負。

「デニムのフルレングスのワイドパンツは、穿くだけで今年らしくなるトレンドアイテムです」と平澤さん。テレンとした素材のものや、裾がダブルのコンサバタイプは意外にコーディネートが難しいので、ワイドパンツ初心者はぜひデニムから取り入れたい。全体に、落ち感のある素材は体の線を拾いやすいため、しっかりした生地のパンツを選ぶと着こなしやすい。「ガウチョパンツは足元にパンプスを合わせても決まります。ひざ丈パンツはあえて上下でボリューム感を出し、露出している手足を細く見せましょう」

ワイドデニムパンツ2万3000円(ヤエカ パーク/スティーブン アラン トーキョー) タートル2万3000円(マッキントッシュ ロンドン /SANYO SHOKAI カスタマーサポート)  ブルゾン4万8000円(ハイク/ボウルズ) ス ニーカー2万4000円(レキップ☎︎03・6861・7 698)

【フルレングスワイド】

パンツと同色系か、白×ネイビーといった清々しい配色のトップス。パンツ初心者にはデニムなどの濃い色で、カジュアルなタイプがおすすめ。迷ったら厚底スニーカーを合わせると、バランスが取りやすい。

コットンクロップドパンツ2万4000円、ロー ファー3万2000円(共にレキップ) トレーナ ー2万7000円(ドゥロワー/ドゥロワー 丸の内店) シャツ1万6000円(アッシュ・スタンダ ード/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ 店☎︎03・6411・7187) ネックレス3万6000 円(マッキントッシュ ロンドン/SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

【クロップドパンツ】

下半身をすっきりさせる分、上半身は重ね着などで変化を楽しむ。パンツはやわらかすぎる素材より、チノ素材や綿のものが着こなしやすい。ヒールのあるポインテッドローファーなどで、すっきりきれいに。

ガウチョ2万4000円(ドレステリア/ドレステリア 新宿店) シャツ1万5000円(マカフィー/トゥモローランド) ジャケット3万3000 円(アマカ/SANYO SHOKAI カスタマーサ ポート) 靴2万9000円(J&M DAVIDSON/ ドレステリア 新宿店)

【ガウチョ】

濃い色のシャツやカットソー、細身のジャケットで引き締める。パンツは脚のラインを拾わない、張りのある硬めの生地のものがおすすめ。アンクルストラップほか、足首に表情のある靴で裾の下にポイントを。

膝丈ショートパンツ4万3000円、ベスト4万 6000円(共にドゥロワー/ドゥロワー 丸の内店) シャツ2万6000円、靴4万3000円(共に マッキントッシュ ロンドン/SANYO SHO KAI カスタマーサポート)

【ひざ丈】

トップスもパンツと同じくらいのボリュームで。ただし、丈は短めを選ぶ。パンツは腰回りにタックなどでゆとりがあり、そのまま太いラインのもの。子どもっぽくならないよう、マニッシュな革靴などで辛口に締める。

『クロワッサン』945号より

文字サイズ