くらし

お茶の時間にゆったり味わう、豆・ごま・海藻のおやつ。

食事はもちろん大切だけど、あれこれ少しずつ!を実現するなら、おやつとしてが早道。老舗の端正な一品から懐かしい味まで勢揃いです。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・日高むつみ

忙しい仕事や家事の合間に、お茶を入れてほっと一息。そんな時も、おいしい候補がよりどりみどりな、豆やごま菓子。そして、実は海藻も! 和洋中さまざまなジャンルから、長年愛される老舗の味、職人の工夫が感じられる新作、海藻入りシフォンケーキという驚きの進化系など10点のおやつをセレクト。甘みの奥にじんわり溢れる豆の滋味や、口いっぱいに広がるごまの香ばしさ、余韻に残る海藻の香り。いずれも味の完成度は太鼓判。ビジュアル的にもインパクトがあって、おつかいものにもなる逸品ばかりです。

【豆】レコレルテ ドゥ ショコラ 花豆、黒豆京きなこ、丹波黒豆抹茶

口どけなめらかなショコラでコーティング。
伝説のホテルマンにして昭和の粋人・金谷鮮治。彼の創業したフレンチ『西洋膳所 ジョンカナヤ 麻布』のDNAを継ぐショコラトリーから。グラッセした花豆をカカオ61%のノアールチョコレートで、ふっくら炊き上げた丹波黒豆をホワイトチョコ&宇治抹茶で、香ばしく焙煎した黒豆をホワイトチョコ&京きな粉で、それぞれ包んだ。各800円。

JOHN KANAYA 恵比寿●東京都渋谷区恵比寿南1-18-3 TEL.03-5704-1548営業時間:11時~19時 定休日:日曜、祝日 取り寄せ可。http://johnkanaya.jp

【ごま】香芝麻酥、黒芝麻酥

ごまたっぷりで香ばしい。広東伝統の点心を。
横浜中華街で昭和27年から続く点心専門店の、知る人ぞ知る一品。「香芝麻酥(シャンチーマースー)」は絹白ごま餡入りパイ、「黒芝麻酥(ヘイチーマースー)」は黒ごま餡入りで表面にも黒ごまたっぷり。頬張った途端、ごまの香りが鼻に抜ける。
広東の伝統的な技法で餡から仕上げまですべて手作りで、保存料などの添加物は一切不使用。各120円(税込)。

紅棉●神奈川県横浜市中区山下町190 TEL.045-651-2210 賚営業時間:10時~20時 無休 取り寄せ可。http://www.koumen.co.jp

【海藻】江の島羊羹

白餡に練り込んだ磯の香りも芳しい。
江ノ電の開通に伴い、明治45年に開業して以来、106年の間、暖簾を守り続ける老舗の名物。創業当時には地元で採れた青海苔を粉にして練り込んでいたという羊羹は、江ノ島詣での土産として人気を博した。白餡の上品な風味と青海苔の香り、甘味と塩味のバランスがよく、ついつい手が伸びてしまう。中1本750円(税込)。

玉屋本店●神奈川県藤沢市片瀬海岸1-9-10 TEL.0466-22-4057 営業時間:10時~18時 定休日:木曜 取り寄せ可。http://www.tamaya-honten.com

【豆・海藻】豆かん

寒天ひと筋120余年の伝統が、ここに息づく。
赤坂で4代続く老舗の寒天は、やはりどこかひと味違う。伊豆七島と西伊豆で採れる良質の天草数種を、気温や湿度に応じて配合を変え、最良の食感と香り、味わいに仕上げている。歯ごたえを楽しめるよう硬めに炊き上げた赤えんどう、コクのある黒蜜が互いの味を引き立てあう。2~3人用(寒天+豆+黒蜜)1,299円(税込)。

赤坂相模屋(あかさかさがみや)●東京都港区赤坂3-14-8 TEL.03-3583-6298 TEL.10時~19時(土曜~18時) 営業時間:日曜、祝日 取り寄せ可。https://www.akasaka-sagamiya.co.jp

【豆】紫花豆

ふっくら、つやつや。和菓子のごとき煮豆を。
人形町で昭和22年の創業以来、職人の手仕事を守る名店。粒選りの大きな紫花豆(むらさきはなまめ)は碁石のようなつやを放ち、口にすると舌の上でホロリとくずれる。煮くずれしないでこの状態に炊くのは至難の業だ。キレのよい上品な甘みとふくよかな豆の風味は、まるで上質な生菓子を思わせる。箱入り小650円、大1,300円(各税込)。

ちとせ屋●東京都中央区日本橋人形町1-17-8 TEL.03-3666-3816 営業時間:9時30分~19時 定休日:日曜、祝日

1 2

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE