くらし

どう摂るとより効果的? 「豆」の栄養学。

  • 撮影・黒川ひろみ 文・井上健二

イワシやブロッコリーと 合わせて、骨も血管も若返り。

栄養価が高いとはいえ、豆だけでは不足する栄養素も。それを補うため、佐藤さんが豆と一緒に摂ることを勧めるのは、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンDの、ビタミントリオ。

「ビタミンAとCには、骨や血管に害を及ぼす活性酸素を取り除く抗酸化作用が。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるほか、免疫活性などにも関わっています」

ビタミンAとCはブロッコリーやパプリカといった緑黄色野菜に多く、いずれも豊富なβ-カロテンが体内でビタミンAに変換される。一日120g(小鉢約2つ分)を食べる目安に。ビタミンDが多いのは鮭やイワシといった魚類、舞茸などのキノコ類。どちらも一日1回は食卓にのせたいもの。

茹でこぼすより、 蒸すと栄養素の損失が少ない。

乾燥した豆の調理では、ひと晩水に浸して戻し、茹でこぼしてアクや渋みを抜くのが一般的。だが、茹でこぼすと、豆から失われてしまう成分もある。

「豆には体内の様々な代謝に関わり、健康維持に欠かせないビタミンB群も多く含まれています。けれどビタミンB群は水溶性なので、茹でこぼすとかなり失われてしまうのです。また、特に大豆に多く、抗酸化作用を示すサポニンも茹でこぼしで損失が生じます」

茹でこぼさなくても、茹で汁を利用しない場合、水溶性の成分は茹で汁に流れ出てしまうことに。

「水溶性の成分をしっかり摂るためには、茹でるより蒸すほうがいいですね。蒸すと味わいも深まって、おいしく食べられます」

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。