くらし

現代美術作家・束芋が初の油絵作品を展示する「透明な歪み」が4月26日から開催。

東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて、現代美術作家の束芋氏の個展「透明な歪み」が4月26日(金)から6月2日(日)まで開催。
映像インスタレーション作品「ふたり」 (2016) インスタレーションショット

クロワッサン本誌、クロワッサンカルチャークラブにて「絵に描いた牡丹餅に触りたい」を連載をしている現代美術家の束芋氏が、東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて、「透明な歪み」を4月26日(金)から6月2日(日)まで開催。

今回の展覧会では、2016年にシアトル美術館で発表した映像インスタレーション作品「ふたり / Two」を日本で初公開するほか、新作アニメーション作品と、束芋氏の初の試みである油絵を含む、約10点を展示する。

全ての作品には原作が存在。鑑賞者のそれぞれの角度から自由な発想で楽しんでもらうため、あえて原作を公開をしない。
ただ鑑賞するのではなく、作品ひとつひとつに想像をめぐらせてみてはいかがだろうか。

「振り向きざまの」(2018) キャンバスに油彩

束芋「透明な歪み」
会 期:4月26日(金)から6月2日(日)
※会期中無休
開館時間:11:00 – 20:00 (入場は19:30まで)
入 場 料:無料
会 場:ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 中央区銀座 1-7-7 ポーラ銀座ビル 3 階)
アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7 番出口すぐ / 東京メトロ 銀座駅 A9 番出口から徒歩 6 分
主 催:株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE