くらし

【アイロボット】「掃除の要らない毎日」で私らしい時間が始まる。

ロボット掃除機を取り入れると自分の生活が、掃除から解放される。
平井かずみさんに試してもらい、その使用感を聞きました。
  • 撮影・徳永 彩 文・河野友紀
花を活ける平井さんの足元にルンバが。「動きが犬みたいで、愛らしいんですよ」

平井かずみさん
フラワースタイリスト

花のスタイリングに加え、自由が丘の『café イカニカ』を拠点に、花の教室なども開催。
『クロワッサン』本誌の連載「花に、託して。」も人気。

「スタイリストやお店のオーナーなど、忙しく働いている友人の中にルンバ所有者が数人いて、とても便利だと揃っておっしゃるんですね。なので実は、ずっと気になっていたんです」

と話すのは、フラワースタイリストの平井かずみさん。

「今回、2週間使ってみて、本当に良さを実感……というか、想像以上の素晴らしさがあることに気付かされました。掃除が楽になるのはもちろん、改めて驚いたのは、ルンバを使うと体感的に自分の時間が倍になるということ。以前だったら、棚や窓を拭き、そのあと床に掃除機をかけて、と全て自分でこなしていましたが、ルンバがいると床掃除をお任せできる。その間に拭き掃除をし、調度品を整えて花を活け、さらにはメイクまで済ませられる。自宅での撮影時、床掃除だけでヘトヘトになってしまい、花を活ける頃にはぐったり。結局、身支度まで手が回らず……ということがよくありました。ルンバがいることで心にも体にも余裕が。任せられるところは任せてしまうことでこんなに気持ちも暮らしも変わるものなのかと、驚きました」

もともとメカにはあまり明るくないとのこと。でも難しいセッティングなどは一切なく使い始められ、それもうれしかった、と語る。

ゴミを吸い込むクリーンベースつきのルンバi7+。「大きいかな、と思ったのですが、置いてみると意外としっくり」

「シンプルに言えば、コンセントを繋いで充電できたら、あとは本体にある〈CLEAN〉ボタンを押すだけ。しかも、動きがなんだかかわいいんです。初日は愛犬のカノンとともに思わずじっと見つめてしまい、意外な方向に進むルンバに向かって、思わず『そっち行っちゃうの!?』と声をかけたりも(笑)。自分の暮らしにロボットがあることをこれまでイメージしにくかったのですが、今ではすっかり生活に馴染んでいます」

気になる清掃機能についても、平井さんから太鼓判が。

「ゴミやホコリをしっかり取ってくれるのはもちろん、ベッドの下などあまり手が回らないところまできれいにしてくれるのがとても助かります。中でも個人的にとてもありがたかったのが、ボタン一つで直径1.2mの範囲のみを掃除してくれる〈スポットモード〉という機能。花を活けると、どうしても床に切り屑が落ちてしまうのですが、〈スポットモード〉を使えばそのあたりだけササッときれいにできる。この機能は、食事のあとなどにも重宝しそうです」

花を活けたあとは、〈スポットモード〉で足元だけをササッと掃除。「床に落ちた小さい葉や茎も、きれいに吸い込んでくれます」
ルンバi7+には、家の間取りを記憶してその部屋をいつ掃除するかをアプリで操作できる、〈Imprintスマートマッピング〉機能が搭載。
裏側の〈デュアルアクションブラシ〉が回転しゴミを吸収。ブラシはゴミが絡まりにくいゴム製。取り外しが簡単で、メンテナンスも楽。
花を活けたあとは、〈スポットモード〉で足元だけをササッと掃除。「床に落ちた小さい葉や茎も、きれいに吸い込んでくれます」
ルンバi7+には、家の間取りを記憶してその部屋をいつ掃除するかをアプリで操作できる、〈Imprintスマートマッピング〉機能が搭載。
裏側の〈デュアルアクションブラシ〉が回転しゴミを吸収。ブラシはゴミが絡まりにくいゴム製。取り外しが簡単で、メンテナンスも楽。

年齢を重ねた今、これからは少し自分に優しく、そしていたわることを考え、暮らしを見直したい、と平井さん。

「私はもともととても張り切り屋で、なんでも自分でやろうとする性分なんですが、そろそろあまり無理はせず、任せたり委ねたりできるところは、手を離してもいい年齢になった気がします。そのように何かに委ねることで生まれた時間で、休めるのはもちろん、丁寧にやりたいことをもっと丁寧にできるようになり、日常に余裕が出る。そう考えたときルンバは、自分をいたわって暮らしたいと思う人の、とても良い相棒になると思います」

用途に合わせて選べます。

充電ステーションの進化で、 ゴミ捨ての手間が激減。
【ルンバ i7+ クリーンベースつき】

充電ステーションにゴミを収集する機能がついた最新モデル。掃除を終えたルンバから自動でゴミを吸引、ダスト容器30杯分のゴミをためることができる。Im printスマートマッピング対応、デュアルアクションブラシ装備。14万270円。本体のi7のみ10万7870円(税込・アイロボットストア価格)
クリーンベース。ゴミは専用紙パックの中に集められ、片手で簡単に捨てることができる。
充電ステーションにゴミを収集する機能がついた最新モデル。掃除を終えたルンバから自動でゴミを吸引、ダスト容器30杯分のゴミをためることができる。Im printスマートマッピング対応、デュアルアクションブラシ装備。14万270円。本体のi7のみ10万7870円(税込・アイロボットストア価格)
クリーンベース。ゴミは専用紙パックの中に集められ、片手で簡単に捨てることができる。

ダスト容器は水洗い可。 家具の下にも入りこんできれいに。
【ルンバ e5】

ゴム製のデュアルアクションブラシで、吸引力が5倍にアップ。洗えるダスト容器でいつも清潔。iRobot HOMEアプリでスマートフォンからの遠隔操作も可能。5万3870円(税込・アイロボットストア価格)

問合せ先・アイロボットサービスセンター TEL. 0120-046-669

『クロワッサン』994号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。