くらし

【あさりのスンドゥブチゲ】川津幸子さんが教える、だしと具材が絶品の鍋。

この具材とこの煮汁なら間違いない。鍋にはそんな、黄金のコンビネーションがあるのです。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・渡邊美穂 文・新田草子

《あさりのスンドゥブチゲ》最初にキムチと豚肉を炒め、コクを出すのがポイント。

【材料】
あさり(砂抜き済み)200g、豚バラ薄切り肉150g、おぼろ豆腐または絹ごし豆腐1丁、白菜キムチ150g、にら1/2束、酒1/4カップ、A[水2カップ、しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ1/2]、にんにく1かけ、卵1〜2個、ごま油適量、コチュジャン適宜

【作り方】
1. あさりは殻と殻をこすり合わせて洗い、鍋に入れて酒を加え、蓋をして中火で蒸し煮にする。貝の口が開いたら取り出し、蒸し汁を茶こしで漉して砂を取り除いておく。
2. 鍋にごま油大さじ1を熱してキムチを炒め、豚肉も入れて炒めたら、Aとあさりの蒸し汁、にんにくのすりおろしを加える。
3. 沸騰したら豆腐を少しずつすくいながら加え、あさりを戻し入れてひと煮立ちさせる。仕上げに3〜4cm長さに切ったにらをのせ、卵を割り入れ、ごま油少々をたらす。器に煮汁ごと取り分け、好みでコチュジャンを添える。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)●料理家。手早くおいしい、毎日作っても負担にならないレシピにファン多数。著書に『100文字レシピ』シリーズ、『あの味が自分でできる くいしんぼレシピ』ほか。

『クロワッサン』988号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。