くらし

【紅白ういろう】身近な材料と道具でできる!春を呼ぶ、和のおやつレシピ。

和菓子は店で買うものと思いがちだけれど、実は料理感覚で手軽に作れます。できたての格別のおいしさを家庭でも。和菓子ユニット「ユイミコ」の二人に作り方を教わりました。
  • 撮影・中垣美沙 スタイリング・坂上嘉代 文・黒澤 彩

紅白ういろう

ユイミコの2人が「これこそ、できたてを味わって!」と力説するういろうは、もっちりした食感が楽しい蒸し菓子。食わず嫌いの人にも試してほしいレシピ。ピンク色の層は梅干しの塩気もかすかに感じられる。

【材料(14×11㎝の流し型1台分)】
白玉粉 15g
水 300ml
上白糖 150g
上新粉 90g
薄力粉 50g
梅干し(種を除いて正味) 15g
着色料(赤)少量(湯少々で溶く)

【下準備】
・梅干しを包丁で細かくたたいておく。
・蒸し器をあらかじめ火にかけ、蒸気を上げておく。

【作り方】

(1)白玉粉に水を少しずつ加え、だまにならないように泡立て器でよく溶き混ぜる。
(2)残りの粉類と上白糖を別のボウルにふるい入れる。
(3)1を加えてよく混ぜる。
(4)半量を型に流し、蒸し器に入れてふたをし、強火で20分蒸す。
(5)残りの生地に梅干しを加える。
(6)着色料でピンク色に染める。
(7)3をいったん蒸し器から取り出し、表面にたまった水分やぬめりをへらなどで取り除く。
(8)4を上に流し入れて再度 40分蒸す。
(9)蒸し上がったら型に入れたまま常温で一晩冷ます。冷蔵庫で冷やすとボソボソになるので注意。
(10)完全に冷めたら型から出す。
(11)濡れ布巾に置いて好みの大きさ(4×3cm程度)に切り分ける。
(1)白玉粉に水を少しずつ加え、だまにならないように泡立て器でよく溶き混ぜる。
(2)残りの粉類と上白糖を別のボウルにふるい入れる。
(3)1を加えてよく混ぜる。
(4)半量を型に流し、蒸し器に入れてふたをし、強火で20分蒸す。
(5)残りの生地に梅干しを加える。
(6)着色料でピンク色に染める。
(7)3をいったん蒸し器から取り出し、表面にたまった水分やぬめりをへらなどで取り除く。
(8)4を上に流し入れて再度 40分蒸す。
(9)蒸し上がったら型に入れたまま常温で一晩冷ます。冷蔵庫で冷やすとボソボソになるので注意。
(10)完全に冷めたら型から出す。
(11)濡れ布巾に置いて好みの大きさ(4×3cm程度)に切り分ける。

保存の目安
常温で保存し、できるだけ当日中に食べ切る。1日経つと食感が変わってしまう。

ユイミコ●小坂歩美さん(こさか・あゆみ、左)と大森慶子さん(おおもり・けいこ、右)によるユニット。和菓子作りのワークショップのほか、イベントにも出展。著書に『道具なしで始められる かわいい和菓子』(講談社)など。

『クロワッサン』990号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE