くらし

【NISA】初めて資産運用をするなら、長期・積立・分散が揃ったこれで。

預貯金にほぼメリットがない今、資産形成のために必要なのは“運用”。初心者でも怖くないお金の動かし方を風呂内亜矢さんが解説する。
  • イラストレーション・レモン・フー 文・斎藤理子 

“ NISA”はこんな人におすすめ!
●特定の企業の株を買いたい
●積極的に市場の動きを勉強したい
●投資が楽しい

2014年にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度。〈つみたてNISA〉は年40万円までを最長20年間非課税で購入できるのに対し、〈NISA〉は年120万円までだが期間は原則5年間。運用で得られる収益に対して5年間非課税になっている。ただし、ロールオーバー制度を利用することで、最長10年間非課税にすることができる。NISAの対象商品は、国内・海外上場株式、株式投資信託、上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)など。

「つみたてNISAより選択肢が多く、株式も購入できるのがNISAです。好きなタイミングで投資できますが、その分、銘柄を吟味したり市場の動きを注意深く見守っている必要があり、初心者にはちょっとハードルが高いかもしれません」

ロールオーバー 制度って?

5年間の非課税期間が終了した保有金融商品を、翌年のNISA非課税投資枠に移すこと。ロールオーバーをしない場合は課税口座に移すか売却するかを選択する。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE