くらし

土屋鞄より、まるでチョコレートのようなステーショナリーセットが発売。

土屋鞄製造所から、バレンタイン限定製品『レザーチョコレートボックス』が発売中。革で仕立てた3つの味!? まるでチョコレートのような遊び心のあるステーショナリーセットに注目。

職人の手仕事によるランドセルや革鞄を手がける土屋鞄製造所は、バレンタイン限定製品を数量限定で発売中。“レザーチョコレート”をテーマにした土屋鞄製造所のバレンタイン、今年は“チョコレートが感じられる遊び心”をテーマに、3つのステーショナリーをセットにした『レザーチョコレートボックス』を用意。甘いものが苦手な人へのバレンタインギフトとして、自分へのご褒美におすすめ。

デザイン、素材、パッケージの全てに、チョコレートギフトの世界観を織り交ぜたバレンタイン限定製品『レザーチョコレートボックス』(22,000円)。メモパッドホルダー、ペーパーウェイト、マグネットの3種類のアイテム。落ち着いた上質感もありながら、遊び心に満ちた楽しいステーショナリーセット。
メモパッドホルダーは四角い“ブシェ”、丸いマグネットは“パレ”、ペーパーウェイトは柔らかな“ガナッシュ”をイメージ。
メモパッドホルダーはシックなビターチョコレート色の革から、ラズベリーチョコレートのような甘い色味がちらりと見える。
2色のマグネットは、ミルクチョコレートとラズベリーチョコレートをイメージ。艶やかなチョコレートソースをトッピングしたようなデザイン。
ペーパーウェイトは、ガナッシュらしい柔らかな雰囲気のぷっくりとしたかたち。思わず、美味しそう! と口にしてしまいそうな、特別なギフト。
アイテムの素材には、ビター、ミルク、ラズベリー風味のチョコレートをイメージした3種類の革素材を使用。
「もらった瞬間嬉しくて、あけて使うともっと嬉しい」という思いを込めたラッピングが、より本物のチョコレートギフトらしさを添える。
25,000円(税込)以上購入すると『レザーカカオ』がプレゼント。カカオの形をイメージしたヌメ革のコースターで、バレンタイン限定製品『レザーチョコレートボックス』とお揃いのパッケージ。※限定数に達し次第終了。※店舗、オンラインストアどちらも対象。
土屋鞄製造所は1965年、東京都足立区にて創業。オリジナルのランドセル、革鞄や小物の企画・製作、及び販売を行う。この時季、店舗ではバレンタインギフトにオススメのアイテムも充実。
デザイン、素材、パッケージの全てに、チョコレートギフトの世界観を織り交ぜたバレンタイン限定製品『レザーチョコレートボックス』(22,000円)。メモパッドホルダー、ペーパーウェイト、マグネットの3種類のアイテム。落ち着いた上質感もありながら、遊び心に満ちた楽しいステーショナリーセット。
メモパッドホルダーは四角い“ブシェ”、丸いマグネットは“パレ”、ペーパーウェイトは柔らかな“ガナッシュ”をイメージ。
メモパッドホルダーはシックなビターチョコレート色の革から、ラズベリーチョコレートのような甘い色味がちらりと見える。
 2色のマグネットは、ミルクチョコレートとラズベリーチョコレートをイメージ。艶やかなチョコレートソースをトッピングしたようなデザイン。
 ペーパーウェイトは、ガナッシュらしい柔らかな雰囲気のぷっくりとしたかたち。思わず、美味しそう! と口にしてしまいそうな、特別なギフト。
アイテムの素材には、ビター、ミルク、ラズベリー風味のチョコレートをイメージした3種類の革素材を使用。
「もらった瞬間嬉しくて、あけて使うともっと嬉しい」という思いを込めたラッピングが、より本物のチョコレートギフトらしさを添える。
 25,000円(税込)以上購入すると『レザーカカオ』がプレゼント。カカオの形をイメージしたヌメ革のコースターで、バレンタイン限定製品『レザーチョコレートボックス』とお揃いのパッケージ。※限定数に達し次第終了。※店舗、オンラインストアどちらも対象。
 土屋鞄製造所は1965年、東京都足立区にて創業。オリジナルのランドセル、革鞄や小物の企画・製作、及び販売を行う。この時季、店舗ではバレンタインギフトにオススメのアイテムも充実。

『レザーチョコレートボックス』
取扱直営店:西新井本店、鎌倉店、白金店、自由が丘店、丸の内店、横浜店、軽井澤工房店、名古屋店、京都店、梅田店、神戸店、福岡店

[問い合わせ先]
電話:0120-907-647(平日10時~17時)
メール:support@tsuchiya-kaban.com

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。