くらし

【オニオンスープ餅】餅を味わい尽くす。もっと広がる、餅の味わい方。

つい同じになりがちな食べ方はもう卒業。驚くほど多彩な餅料理のレシピを教えてもらいました。
  • 撮影・三東サイ 文・嶌 陽子

【オニオンスープ餅】玉葱の旨みたっぷりのスープに、とろりとした餅がよく絡む。

朝食や、小腹が空いた時の夜食にぴったり。玉葱の食感がアクセント。

【材料(2人分)】
角餅1〜2個(好みの量で) 玉葱1個(200g) バター大さじ1 溶けるチーズ大さじ山盛り2 刻んだパセリまたは青葱適量 スープ[水2・1/2カップ 固形ブイヨン1個 ローリエ1/4枚 塩少々 こしょう少々]

【作り方】
1. 玉葱は縦半分にして、繊維を断つように薄切りにする。フライパンにバターを入れて火にかけ、玉葱を加えて強めの中火で炒める。
2. うっすらと茶色に色づいてきたら、炒めた玉葱を厚手の鍋に移し、水、ブイヨンを加えて、弱火でコトコト5〜15分くらい(時間が許す範囲でOK)蓋をして煮る。ローリエを加えてさらに2〜3分煮る。味を見て塩、こしょうで調え、耐熱の器に注ぐ。
3. 餅をスープに浮かべ、チーズをのせてトースターで様子を見ながらこんがりと焼く。オーブンの場合は、180℃で5〜10分焼く。パセリまたは青葱をふる。

《ここがポイント!》フライパンを使って玉葱を炒める。フッ素樹脂加工よりも鉄製がベター。うっすら色づく程度で充分。

本田明子(ほんだ・あきこ)●料理研究家。小林カツ代さんの助手を経て2007年に独立。著書に『娘に伝えたい おせち料理と季節のごちそう』(講談社)など。

『クロワッサン』987号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE