くらし
更新:

北海道を思い出す、鮭のちゃんちゃん焼き【ヒャダインの台所 Vol.25】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインで連載スタート!
今回は秋が旬の魚を使った料理を紹介してもらいました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

鮭、大好きなんですよ。お寿司のネタでもウニに次いで2番めに好き。脂が乗った鮭は塩焼きにしても最高だしムニエルにしても美味しいですよね。もちろん刺身でもイケルし。
今回は北海道の郷土料理であるちゃんちゃん焼きにしました。野菜がたっぷり摂れていいんですよねー。

そうそう、こないだ北海道旅行に行ってきました。現地で食べた海鮮丼、やばかったです。北海道LOVEてことで今回もちゃんちゃん焼き。アルミで蒸すので鍋も汚れないからめっちゃ楽です。生姜を隠し味的に入れているのが味噌との相性が良くて美味い。ご飯も進むし、酒のあてにもなります。これ、バリエーション作れるなあと思っちゃいました。他の魚でもいけそうだし、野菜ももやしとか白菜とかでもいいような。強めに春菊とかでも合いそう。
何より作るのがラク! 汚れないって最高!!

【鮭のちゃんちゃん焼きのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>

鮭 2切れ
えのき 50g
しめじ 50g
キャベツ 60g
玉ねぎ 1/4個
にんじん 30g
生姜 1かけ

みそ 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1

作り方

1. キャベツ、玉ねぎは食べやすい大きさに、人参は短冊切り、生姜はみじん切りにしてボウルに入れて、全部まぜる。
2. えのき、しめじも食べやすい大きさにする。
3. みそ・みりん・酒を混ぜておく。
4. アルミホイルを大きめに広げ、鮭を2切おいてその上にボウルの野菜、きのこ、3の調味料の順番で置く。
5. アルミホイルを閉じて魚焼きグリルの底面に水を張り、グリルで20分ほど蒸し焼きにする。
6. アルミホイルごと皿に移してできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

音楽クリエイター。本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。