くらし

【紫原明子のお悩み相談】結婚相談所で出会った人の脈が薄そうです。

『家族無計画』や『りこんのこども』などの著書があるエッセイストの紫原明子さんが読者のお悩みに答える連載。あなたもお悩みを投稿してみませんか?

<お悩み>
最近、結婚相談所経由で複数の方とお見合いした中で、2ヶ月前から6回程会って食事をしている同い年の男性を好きになりました。お会いする毎にこの人の力になりたいと思うようになり、相手の言動に一喜一憂、32歳にして恋する乙女状態でどうにもなりません。

先日会った際に、きちんとお付き合いしたい旨を伝えたところ相手は驚いたようで、もっと時間をかけて親密になってから交際するものと考えていたと仰いました。私としてはもっと親密になるためにお付き合いしたいのですが、お互いの認識の違いや好意の差を感じました。

その後のLINEでは、またお話ししましょうと曖昧な感じで終わっています。 おそらく脈は薄いのでしょうが、恥ずかしながら私はこれまで交際経験がなく、生まれて初めて本気で好きになった相手ということもあり、まだ諦めたくはありません。

しかし相手もかなり混乱しているようでしたし、これ以上グイグイ好意を押し付けるのも如何なものかと思います。差し当たって私からは連絡せず、相手の出方を待つべきでしょうか。しかし放っておくと自然消滅しそうな気もします。今私はどう振る舞うべきなのでしょうか。(相談者:ベリー/女性、医療関係の仕事をしている32歳独身)

紫原明子さんの回答

ベリーさんこんにちは。

素敵な出会いがあったんですね。それはそれは、おめでとうございます。

私の周りでもここ数年、結婚紹介所で出会った人と結婚するというケースがとても増えました。みんな、良い人と出会うまでは時間とお金をかけて大変な想いをするものの、出会ってからはかなりスピーディに、いわゆるトントン拍子で結婚しているので、みんなそういうものなの? と以前、まさに結婚相談所で結婚した友人に聞いてみたことがあるのです。すると友人いわく、「お互い条件はマッチして会う上に目指すゴールを共通して持っているので、いいなと思ったら話は早い」とのこと。なるほど〜と納得しました。

とはいえ、恋愛や結婚をどう定義し、どう進めていくかっていうのはやっぱり人それぞれなので、ベリーさんのお相手の彼のように、親しくなってから付き合うと考えている人も、いないこともないのでしょうね。結婚相談所では仲人さんを通じて簡単にお断りの連絡が入れられるとも聞いていますので、そもそもまるで脈ナシなら6回も会って食事をすることもないだろうとも思います。

ちなみに聞かれてもいないのに恐縮ですが、私自身は全然堪え性がないので1、2回食事をして、相手が特別に魅力的に見えたら早々にもっとよく知りたいという欲が次から次に湧いてきてしまいます。触ってみたり脱がせてみたり、さらなる深層を探求したいと思ってしまいますが、それが叶わないまま、特別に魅力的に思える相手と何回も食事だけを共にするというのは、むしろかなり上級者の営みと言いますか、試されてる感じがしますね……。

6回目のデートでお付き合いを申し込まれたということですが、それ自体も私は全然早過ぎるとは感じず、むしろよく6回目まで我慢しましたねと健闘賞をお贈りしたいくらいです。もう大人ですし、別に“付き合ってる”と口約束を交わさなくてもキスやセックスにトライすることはできるわけで、付き合ったから何が変わるってことでもないのでしょうが、しかしこれ、結婚相談所で出会ったふたりとなると、どうも事情が多少異なってくるみたいですね。

なんでも多くの結婚相談所では、特定の人と付き合うまでは、並行して何人も相手を紹介してくれ、デートを重ねてもいいことになっているとか。そして当然といえば当然ですが、一人に決めてからは新しい人の紹介はなくなるし、また付き合う=結婚の前段階、と認識されるので、一般的な付き合いよりも本気度の高いものになるとか。そういうことから考えますと、これはひとつ、あくまでも推測ですが、彼の方はほかにもまだ何人か、結婚相談所で紹介されて会っている人がいるとか、あるいは、もう少しいろんな人と会ってみたいとか思っていて、だからこそまだ、ベリーさんにしぼりきれていないという状況なのではないでしょうか。仲人さんや相談所の人に、少しでも彼の状況を聞くことって可能でしょうか。彼が結婚相談所に入会したばかりなのであれば、そういった可能性もさらに高まるのではないかと思います。

ですから、もしベリーさんの結婚相談所で、フリーの間はデート自由、というようなシステムになっているとすれば、もうしばらくはベリーさんも並行してほかの人を紹介してもらいつつ、彼とのデートは継続させ、LINEでもアプローチは続け、彼が付き合う決意を固めてくれるのを待つというのが良いのではないでしょうか。

これまでデートを重ねてきた中で、お互いの理解が深まっていったり、彼が徐々に心を開いてくれているなと実感できたりしていますか? 彼はこれからも、もしかすると新しい人を紹介され、会って様子をみてみるということ繰り返されるのかもしれません。けれどもベリーさんの利点というのはすでに何度も会っているということです。デートを重ねた数を無駄にせず、関係性を強く太くしていけるようにがんばってみてください。相手にもよるので一概には言えないけれど、多くの場合、相手への関心や好意を大安売りしてそんなに悪いことはないような気がします。

「◯◯さんのそういうところ素敵ですよね」
「◯◯さんと食べるご飯は特別美味しく感じます」
「私は◯◯さんともっと親密になりたいと思ってます」

嘘は言わなくていいですよ!好きな人と一緒にいて嬉しい気持ちをそのままカラッと言葉にするだけです。で、だからあなたも同じように感じてください、と押し付けてはいけないのですが、それでもたまには、彼に自分のことをどう思っているか、聞いてみてもいいかもしれませんね。聞かれたところで、好きだと言えば自動的にお付き合いから結婚へと一気に駆け上る未来がみえている以上、そう簡単に好意を返してくれることはないのかもしれませんが、うまくごまかされた場合には「うんうんそっか。で、どう思ってるの?」と、ちょっとだけ冗談めかして粘ってみたりしてもいいかも。絶対に嫌われない安全な会話ばかりを心がけるより、たまにはほんの少しだけぐっと踏み込んでみて、ここまで大丈夫かな、こう言うとどう反応するかな、とそんな感じで緩急をつけた会話を意識していると、ほかでもない、自分が楽しめます。せっかくなら、楽しく攻め混んでいきましょう。

そしてもし万が一、彼とうまくいかなかったとしても、全然気にしなくていいと私は思います。何せ「お付き合いしてください」と自分から言える人って、あなたに負けましたって素直に認められる人です。世の中には圧倒的にこっち側の人が少なくて、だからこそ大きなニーズがある、本質的には恋愛強者です。新しい出会いさえ絶やさなければ、ベリーさんにはきっとすぐにまた新しい恋が訪れるはずです。

イラスト:わかる

紫原明子● 1982年、福岡県生まれ。個人ブログが話題になり、数々のウェブ媒体などに寄稿。2人の子と暮らすシングルマザーでもある。Twitter

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。