「心中できる作品に出合えた」竜星涼と山崎育三郎が落語の魅力に開花。 | くらしにいいこと | クロワッサン オンライン
くらし

「心中できる作品に出合えた」竜星涼と山崎育三郎が落語の魅力に開花。

この秋、大注目のドラマといえば、10月12日から放送開始の「昭和元禄落語心中」(NHK総合/毎週金曜夜10時〜)。落語ブームの牽引役となっている、大人気落語漫画のドラマ化です。クロワッサン オンラインは取材会にお邪魔。有楽亭与太郎役の竜星涼さんと、有楽亭助六役の山崎育三郎さんのコメントをお届けします。
  • 取材・撮影/クロワッサン オンライン編集部

「昭和元禄落語心中」は漫画家・雲田はるこが昭和の落語界を描き、累計200万部を突破した漫画作品。

漫画は“昭和最後の名人”と言われる有楽亭八雲(前座名・菊比古)のところに、八雲の落語を聞き感激した刑務所あがりの与太郎が、弟子入りするところからはじまる。落語に命をかける昭和の若手落語家たちの友情や嫉妬、漫画でありながら落語の噺が聞こえてきそうな臨場感で、若者を中心とした落語ブームの牽引役と言われています。

先日、主人公・有楽亭八雲/菊比古を演じる、岡田将生さんのコメントをお届けしましたが、今回は、八雲に弟子入りする有楽亭与太郎役の竜星涼さんと、八雲の親友でライバルでもある有楽亭助六役の山崎育三郎さんのコメントをご紹介します。

役に合わせて髪を切ったという竜星涼さん。

ーードラマへの意気込みをお聞かせください。

竜星涼(以下竜星)「落語を見るのも役として演じるのもはじめてなのですが、真剣に向き合わなくてはいけない役だと思い、僕自身覚悟を持ってこの作品に取り組んでいます。役に合わせて髪を切ってみたりと、さまざまなことに挑戦をしています。
とてもいい熱を持っているのを自分でも感じていて、心中できる作品に出合えたと思っています。みなさんにこの熱が伝わるようにやっていきたいです」

山崎育三郎(以下山崎)「今まで落語と縁がなかったのですが、このドラマに参加させてもらうことになって、はじめて寄席に行って目の前で観た時、鳥肌が立ってしまうほどの感動を味わったと同時に、落語は自分のものにしないとできないんだ、と恐怖も覚えました。
僕は普段、ミュージカルを主に活動していて、プリンスなんて呼ばれているんですけど(笑)、助六は昭和時代の天才落語家と言われつつ、がさつで女好きで、破天荒な人。いつもの自分とは正反対の役ですが、全身全霊で盛り上げていきたいと思います」

ーー落語に対してどんな印象を持っていましたか?

竜星「ちゃんと観たことがなかったので、難しそう、難しい話だと思っていましたが、実際に演って、ストーリーを把握すると、すごく楽しいです。
落語に縁のなかった与太郎が、落語を演ればやるほど夢中になっていきますが、自分も同じ感覚です。楽しいだけじゃなく、落語の壁にぶち当たる与太郎の苦悩も一緒に味わってもらえればと思います」

山崎「落語は究極のエンターテインメントだと思います。僕は普段、踊ったり動いたりしながら表現をしていますが、落語は言葉だけで伝え、一人で何役も演じる。すごく難しいですが、この役を乗り越えたら、役者として成長できそうな気がします。
落語は今後も続けていきたいと思えるくらい、素晴らしいものに出合えました」

ーーお気に入りの演目はありますか?

竜星「やはり、稽古に長い時間費やして、与太郎が成長するきっかけにもなる『出来心(できごころ)』。
先日、浅草の演芸ホールで出来心を演じましたが、人前で落語をするなんて、なかなか味わえない体験をさせてもらい、感動しました」

山崎「僕も一番練習した『野ざらし』。助六のキャラにとても合っている噺だと思います。
野ざらしには歌う場面があるんですが、“下手に歌ってください”とダメ出しをされて、なかなかできなくて苦労しました。自分が歌がうまいって言っているみたいな感じになっちゃいましたけど(笑)。
難しかったですが、とても楽しい演目です」

ユーモラスにエピソードを語る、山崎育三郎さん。
山崎幾三郎さんのユーモアのあるコメントに、思わず吹き出す岡田将生さん。

ーー落語監修の柳家喬太郎師匠とは、どのようにお稽古をされましたか?

竜星「友人に落語を好きな人がいるので、その人に練習の成果を見せたら、喬太郎師匠に習っているって言ってないのに、喬太郎師匠っぽいと言われて、すごくびっくりしました。どの師匠に習うかで、言い回しが変わるのが落語のおもしろいところ。
僕の落語の師匠は喬太郎師匠。芸能界の師匠は岡田くんですけど(笑)」

山崎「目の前で喬太郎師匠の落語が観れるのはすごく勉強になりました。
落語を文字に起こしたものをいただいて、それを覚えるのですが、覚えるだけでなく、それを自分・助六の言葉に変えていかないといけないんです。落語を自分のものにして、と言われましたね」

10月10日発売の『クロワッサン』983号、クロワッサン カルチャー クラブでも「昭和元禄落語心中」を紹介しています。あわせてご覧ください!

【番組情報】

『昭和元禄落語心中』

平成30年10月12日(金)~(全10回)

毎週金曜日 よる10時から(NHK総合ほか)

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE