くらし
更新:

植物を枯らしてしまう人が、しがちなことワースト3。

  • 撮影・青木和義(山元さん)、中島慶子(物) 文・渡辺尚子  花の写真提供・サカタのタネ 商品提供(トレリス)・タカショー

【植物を枯らす原因 第3位】土と肥料 過保護でもなく放任でもなく、必要な時期に、必要なだけ。

《よくある間違い、こんなこと。》
□肥料選び、有機肥料ならまちがいないはず。
□元気がないから、液体肥料をたっぷり注入。
□枯らしてしまった鉢花の土、新しい花を植えて再利用。

「土は鉢植えにとって世界のすべて。できるだけよい土を使いましょう。自分でブレンドするのもいいけれど、植物別の専用土も、的確で便利です」
以前使っていた土にそのまま植えるのは論外。栄養分がないし、病原菌や虫がいるかもしれない。再利用するなら、根やゴミを取り除いて太陽光でしっかり殺菌。そこに土を蘇らせる再生資材と腐葉土、赤玉土を加える。

また、鉢植えの植物にとって肥料は大切な栄養源。与えなければ花が咲かなくなったり、弱って病気になりやすいし、与えすぎれば根焼けして枯れてしまう。最初に元肥を土に混ぜたら、成長に合わせて追肥を加えていくとよい。
「ベランダなら、化成肥料のほうがにおいが少なくて使いやすいです。有機肥料は、後から発酵して熱をもたないよう、完全発酵のものを少量与えます」

右・鉢やプランター植えのいろいろな植物に使える元肥入り培養土。「ハイポネックス培養土 鉢・プランター用」14L 980円。中・忙しい人の追肥には、錠剤の化成肥料を。水を与えるたびに有効成分が溶けだす。「プロミック いろいろな植物用」150g 550円。左・余裕がある人は液体の追肥を。水で薄めて株元に与える。「ハイポネックス原液」450ml 780円。(すべてハイポネックス TEL:06-6396-1119)

山元和実(やまもと・かずみ)●ガーデンスタイリスト。「Green Rose Garden」主宰。『はじめての小さな庭づくり—小スペースをもっと素敵に』(成美堂出版)ほか監修。

『クロワッサン』974号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。