くらし

川津幸子さんのレシピで作る手まりずし

米に飽きることはないけれど、ひと工夫がやっぱりうれしい。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・綾部恵美子

手まりずし

しめさば、小鯛の笹漬け、こはだの酢漬けなど、好みの魚を使って彩りよく仕上げても。ちなみに、しめさばには芥子が合うんです!

米2合は硬めに炊き、熱いうちに合わせ酢(酢大さじ4、砂糖小さじ4、塩小さじ1)を混ぜる。一口大ににぎり、半分に切った青じそ(8〜10枚)と一口大のスモークサーモン100gをのせてぬれぶきんで包み、口を絞る。

※レシピは原則的に4人分。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)●料理研究家。家庭料理のコツをわかりやすく解説する姿勢にファン多数。著書に『100文字レシピ』シリーズ、『あいうえおいしい。』『あの味が自分でできる くいしんぼレシピ』など。

『クロワッサン』969号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE