くらし

料理研究家・口尾麻美さんのベトナム風ビーフシチューのレシピ

暑さで食欲のないときには冷製を、エアコンによる体調不良なら温製で。スープは夏バテ対策にうってつけ!
  • 撮影・三東サイ

ベトナム風ビーフシチュー

《ごちそうスープ》トマトの酸味でさっぱり、さらりとしたシチューに麺を加えて。

ベトナムではスタミナをつけるのに朝から食べるという、肉も野菜もごろんと入ったスパイシーな麺料理。

【材料(2〜3人分)】
牛肉(スネ肉、バラ肉、シチュー用など)400g、にんにく(みじん切り)2かけ、サラダ油大さじ1、ヌクマム大さじ2〈ナンプラー、魚醤で代用可〉、水1〜1.2L、A[オイスターソース大さじ1、ケチャップ大さじ2、チリソース小さじ1、塩小さじ1、砂糖小さじ1、カレー粉小さじ1]、玉ねぎ1個、にんじん1本、じゃがいも2個、トマト2個、黒こしょう適量、万能ねぎ(2cmの長さに切る)3本、パクチー(刻む)3本、レモンくし形切り2〜3個、米麺150g(1人前50g)

【作り方】
1.
牛肉は一口サイズより、やや大きめに切って、混ぜたAに30分浸ける。
2. 玉ねぎはくし形切り、にんじん、じゃがいもは2cmの輪切りにする。
3. 鍋にサラダ油を熱してにんにくを炒め、香りがしてきたら牛肉を入れ、焼き色がついたら水を加えて40分〜1時間ほど弱火で煮る。
4. 3に玉ねぎ、にんじんを入れて10分煮たら、じゃがいもを加え、柔らかくなるまで煮る。
5. フライパンで乱切りにしたトマトを熱して少し煮くずれたら4に加え、ヌクマムで味を調えて黒こしょうをふる。
6. ゆでた米麺を器に入れて5のシチューを注ぎ、万能ねぎ、パクチーをのせ、レモンを搾っていただく。

口尾麻美(くちお・あさみ)●料理研究家。旅で出合った料理や食文化を紹介するフォトエッセイストという一面も。新刊『はじめまして 電鍋レシピ』は台湾の万能電気釜の料理本。

『クロワッサン』976号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE