暮らしに役立つ、知恵がある。

 

花と自然を満喫できる首都圏の5つのガーデン。

構成&文・小沢緑子 取材協力・川瀬康子

新緑の眩しさと咲き誇る花のどちらも楽しめる今。東京と近郊の花の名所、野鳥に会える場所をずらりと。

\今の時季ならでは!/広々パークで開花リレーを楽しむ。

東京・立川|国営昭和記念公園

フラワーリレーで、華やぎがさらに増す季節。

花と自然を満喫できる首都圏の5つのガーデン。

立川市と昭島市にまたがる、総面積180ヘクタールにもおよぶ広大な国営公園。春は3月の菜の花から始まり、桜、チューリップ、藤、つつじ、これから5月にかけてはカモミール、ネモフィラ、ブーケガーデンの花畑、花菖蒲と開花リレーが続く。レンタサイクルや園内を回るパークトレインで移動しながら散策しても。

"花の丘"にネモフィラの花畑。
"花の丘"にネモフィラの花畑。
国営昭和記念公園のスイレン。5月上旬に見頃に。
国営昭和記念公園のスイレン。5月上旬に見頃に。

●東京都立川市緑町3173 
TEL.042・528・1751 
季節により異なり、4月〜9月は、有料区:9時30分〜17時(土日祝日〜18時)、無料区:8時30分〜18時  年末年始、1月第4月曜とその翌日休 
一般450円
https://www.showakinen-koen.jp

東京・調布|神代(じんだい)植物公園

毎年恒例、開花の最盛期に〝バラフェスタ“を開催。

花と自然を満喫できる首都圏の5つのガーデン。

園内には約4800種類の植物が。春は1万2000株のつつじと、シンメトリックに設計された庭園に植栽された約400種類、5200株のバラが咲き誇る名所として知られる。

神代植物公園の、美しいグラーデションを生む藤棚。
神代植物公園の、美しいグラーデションを生む藤棚。
ばら園の隣には珍しい熱帯・亜熱帯の植物が見られる大温室。
ばら園の隣には珍しい熱帯・亜熱帯の植物が見られる大温室。

バラの最盛期に「春のバラフェスタ」(5月8日〜6月2日)を開催。早朝開園、バラを一望できるカフェテラスも登場予定。

しゃくなげ園も見頃。
しゃくなげ園も見頃。

●東京都調布市深大寺元町2・5丁目、深大寺北町1・2丁目、深大寺南町4・5丁目 
TEL.042・483・2300 9時30分〜17時(本園入園16時まで。大温室・水生植物園〜16時30分) 月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休 
一般500円 
https://www.tokyo-park.or.jp/park/jindai/

ナチュラリスティックガーデン

東京・稲城|HANA・BIYORI内 ピート・アウドルフ ガーデン東京

ガーデン好き注目の新スタイル。

世界的なオランダ人ガーデンデザイナーのピート・アウドルフ氏が日本で初めてプロデュースした庭園。その地…

世界的なオランダ人ガーデンデザイナーのピート・アウドルフ氏が日本で初めてプロデュースした庭園。その地に合った宿根草などを使い、最盛期の姿だけではなく、四季の移ろいも含めた〝自然本来の美〞を追求する庭は、ガーデン好きも注目。3月には同パーク内に天然温泉を有する「花景(かけい)の湯」も誕生。心身ともに癒やされる場に。

パーク内には温室もある。
パーク内には温室もある。

●東京都稲城市矢野口4015・1(よみうりランド遊園地隣接) 
TEL.044・966・8717 10時〜21時 不定休(4月25日、5月22日・23日休)
一般800円(「花景の湯」同時利用は別料金)
https://www.yomiuriland.com/hanabiyori/

バラ

東京・西ヶ原|旧古河庭園

洋館とバラが織りなす風景は一枚の絵のよう。

鹿鳴館やニコライ堂などを手掛けた英国人建築家・ジョサイア・コンドル設計の洋館と、春バラが咲く庭園の取…

鹿鳴館やニコライ堂などを手掛けた英国人建築家・ジョサイア・コンドル設計の洋館と、春バラが咲く庭園の取り合わせは絵画のよう。幾何学模様に刈り込まれた庭には約100種類、200株のバラが香り立つ。見頃の時期に合わせてさまざまな催しを開く人気の「春のバラフェスティバル」は、4月26日から6月30日まで。

洋館が立つ小高い丘の下にテラス式庭園がある。
洋館が立つ小高い丘の下にテラス式庭園がある。

●東京都北区西ヶ原1・27・39 
TEL.03・3910・0394 
9時〜17時(最終入園16時30分。5月10日〜12日は8時開園) 年末年始休 
一般150円※洋館は別途
https://www.tokyo-park.or.jp/park/kyu-furukawa/

千葉・八千代|京成バラ園

絵画のようなロマンティックな世界。

バラの作出でも有名。整形式庭園、自然風庭園、宿根草と合わせたアルテミスの花園などに1600種類、1万…

バラの作出でも有名。整形式庭園、自然風庭園、宿根草と合わせたアルテミスの花園などに1600種類、1万株を植栽。バラの個性に合わせてアーチ、パーゴラ、ポールなどで仕立て、優美に演出。5月上中旬から6月上中旬まで見頃が続く。

落ち着いた色合いのアルテミスの花園。
落ち着いた色合いのアルテミスの花園。

●千葉県八千代市大和田新田755 
9時〜18時(〜6月30日) 4月〜5月は無休 ローズガーデン一般1,800円(6月まで) 
※営業時間・休園日・入園料は季節で異なる
https://www.keiseirose.co.jp/garden/

『クロワッサン』1116号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 花と自然を満喫できる首都圏の5つのガーデン。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載