暮らしに役立つ、知恵がある。

 

高尾山で教わる、初心者でも楽しめる山の歩き方。

山歩きの体験を綴ったエッセイも刊行する、イラストレーターの川原真由美さん。
初めてでも安全にどう楽しむか、高尾山で教えてもらった。

撮影・上山知代子 イラストレーション・川原真由美 構成&文・中條裕子

初心者でも楽しめる、山の選び方と歩き方。

高尾山で教わる、初心者でも楽しめる山の歩き方。

初めて出かけるならのんびり歩ける山を、と川原真由美さん。自身は40歳を過ぎて山に登り始め、その魅力にすっかりハマってしまった。

「最初のうちは、体力にあまり自信がない人でも楽に歩けるような山から始めるのがよいと思います。少し物足りないかな、くらいのほうがまた山に行きたい気持ちになりますから」

その上で、ロープウェイなどが設置されている山を選ぶと、よりルートの選択肢も広がって安心だという。

「山は下りで事故が起こりやすいんです。整備された道も疲れた足には安全とは限らない。そうした点でも、ケーブルカーやリフトが利用できる高尾山はおすすめ。山が初めての友人と行くときによく選ぶ場所です。安全に楽しい時間が過ごせますよ。ただ服装や靴、最低限の装備は準備して」

\私のいつもの山装備です。/

ザックの中は雨具やトレッキングポール、水筒、地図、ヘッドライトなど必需品が。救急バッグにはばんそうこうやバッテリーも。ほか、画帳や絵の具が入っているのは川原さんならでは。
ザックの中は雨具やトレッキングポール、水筒、地図、ヘッドライトなど必需品が。救急バッグにはばんそうこうやバッテリーも。ほか、画帳や絵の具が入っているのは川原さんならでは。

涼しい沢沿いを登りリフトで下山するおすすめルート。

ルートの多彩さが魅力の高尾山。中でも6号路で山を登り、山頂から1号路を使ってリフトで下山するのが川原さんのおすすめルート。

「6号路は話しながら登れるくらいなだらかな道が続くので、急に息が上がることがなく、山の気分を味わえます。木の根や石に注意して登っていくと、体が温まった頃に階段が現れる。長い階段ですが整備されているので自分のペースで上れます。
高尾山は初夏にいろいろな花が咲くので、それを見つける楽しみも。汗ばむ時季になっても日差しが入らないから涼しいですよ。
沢沿いで水を感じながら歩けるのもいい。山頂からは舗装された1号路を散策しながらゆっくり楽しめるし、最後のリフトでは絶景を味わえます」

高尾山で教わる、初心者でも楽しめる山の歩き方。

(A)

山頂に至るまで、長くても整備された木の階段が続く。
山頂に至るまで、長くても整備された木の階段が続く。

(B)

元は海底だった頃の砂や泥が隆起して固まった岩も。
元は海底だった頃の砂や泥が隆起して固まった岩も。

(C)

琵琶滝は水行道場として一般に開放されてもいる。
琵琶滝は水行道場として一般に開放されてもいる。

(D)

ケーブルカーの乗り場はこちら。リフトも奥に。
ケーブルカーの乗り場はこちら。リフトも奥に。
高尾山で教わる、初心者でも楽しめる山の歩き方。

チョコやスナック、飴など好きなおやつを携帯して。

高尾山で教わる、初心者でも楽しめる山の歩き方。

川原さんのザックは軽量で20リットルのもの。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 高尾山で教わる、初心者でも楽しめる山の歩き方。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載