暮らしに役立つ、知恵がある。

 

職人の丁寧な手仕事が生み出す、大切に使い続けたい、京都の暮らしの道具。

京都で愛される暮らしの道具を料理家の小平泰子さんに教えてもらいました。
どれも使い勝手よく、美しい佇まい。定番にしたいものばかりです。

撮影・石川奈都子 文・宮下亜紀

写真ギャラリー

長さ31cm×幅15cm 2万3650円
長さ31cm×幅15cm 2万3650円
小 約23cm 1,760円
小 約23cm 1,760円
職人の丁寧な手仕事が生み出す、大切に使い続けたい、京都の暮らしの道具。
職人の丁寧な手仕事が生み出す、大切に使い続けたい、京都の暮らしの道具。
職人の丁寧な手仕事が生み出す、大切に使い続けたい、京都の暮らしの道具。
幅約180mm×奥行110mm×高さ160mm 5万4500円
幅約180mm×奥行110mm×高さ160mm 5万4500円
職人の丁寧な手仕事が生み出す、大切に使い続けたい、京都の暮らしの道具。
長さ13cm 2,110円
長さ13cm 2,110円
一筆箋770円、ぽち文990円
一筆箋770円、ぽち文990円
スティック20本 1,100円
スティック20本 1,100円

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 職人の丁寧な手仕事が生み出す、大切に使い続けたい、京都の暮らしの道具。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載