暮らしに役立つ、知恵がある。

 

洗面所、ダイニング、リビング…DIYと小さなリフォームのアイデアを紹介。

家のリフォームはお金もかかるし、一大事だと思い込んでいませんか。
家全体を直すのは大変ですが、暮らしながら手を入れていく小さな工事であれば気軽だし、DIYで出来ることもたくさんある。
生活の中のちょっとした不便を解決する、小さなリフォームやリサイズのアイデアを紹介します。

撮影・徳永 彩 文・黒澤 彩

工夫を積み重ねて、こうだったらいいのにな、を楽しく実現。

「リフォームは人生のメンテナンス」〈LOISIR〉デザイナー 前田敬子さん
「リフォームは人生のメンテナンス」〈LOISIR〉デザイナー 前田敬子さん

東の窓から明るい陽が差し込むリビング。新築もしくはリフォームしたてといわれればそんな気もする、気持ちのいい部屋の家主は、ファッションブランド〈LOISIR〉のデザイナー、前田敬子さん。この家に引っ越してきたのは20年以上も前なのだそう。では、リフォームしたのは?

「家全体をリフォームしたことは一度もありません。最近だと洗面所まわりがけっこう大がかりでしたが、それ以外は、住み始めてからずっと、少しずつ手を加えてきました。とくに計画もなくて、暮らしながら、ここはこうだったらいいなとか、こう変えてみようかなとか、思い立ったら即リフォーム(笑)。ちょっとした気分転換にもなっています」

洗面所、ダイニング、リビング…DIYと小さなリフォームのアイデアを紹介。

もはやペンキ塗りはお手のもの。簡易な棚やテーブルを作ったり、2匹の猫たちのためにキャットステップを設けたり、少し工夫して手を動かしてみることで、暮らしやすさは格段にアップする。

「やってみると、自分でできることもけっこうあるんです。ホームセンターの人も親切にいろいろ教えてくれますし。どうしても自分でできないところは業者さんに。簡単な工事なら、身近な工務店に頼むと費用も抑えられます」

リフォームは人生の一大イベントと思いがちだけれど、暮らしながら手直しする前田さんのスタイルなら、誰でも、どんな家でも真似できそう。次ページからは、取り入れてみたいアイデアの数々を部屋ごとに紹介しよう。

撮影に大いに協力してくれた猫のえいた。
撮影に大いに協力してくれた猫のえいた。

[リビング]人が集う部屋だからくつろげる余裕と開放感を大切に。

家のなかでもっとも広いLDK。住み始めて真っ先に、この部屋の窓枠を白く塗り替えたそう。
「大きめの窓枠で、パイン材の節が目立っていたので、部屋がどことなくログハウスっぽい感じだったんです。それも素敵だったのですが、白く塗ることで明るい印象になって、しっくりきました」。

さらに、天井の板を外す工事も。30cmほど天井が高くなることで、いちだんと開放感が生まれた。

「家にくる友人たちに、ここでゴロゴロくつろいでほしいから」と、ソファやベンチの配置を変えてみたり、ローテーブルを自作したりと工夫は尽きない。その場所で過ごす時間をイメージすることが、前田さん流リフォームのコツのようだ。

爪で傷んだ壁紙を 腰板でカバー。

大切な同居人(?)えいたとニンニン、2匹の猫が爪をとぐので壁紙はボロボロに。そこで、下半分にだけ腰板を貼って補強。薄い合板を貼っているだけなのに、見栄えよくリペアできておしゃれ感もアップ。
大切な同居人(?)えいたとニンニン、2匹の猫が爪をとぐので壁紙はボロボロに。そこで、下半分にだけ腰板を貼って補強。薄い合板を貼っているだけなのに、見栄えよくリペアできておしゃれ感もアップ。

ローテーブルは塗り替えてキャスターを付けたDIY。

ソファやラグでくつろぎながら何か飲んだりするシチュエーションに活躍するローテーブルは、古材を塗って穴を開け、ボルトでキャスターを取り付けたもの。ある程度安定感がありつつ、一人でも動かせる。
ソファやラグでくつろぎながら何か飲んだりするシチュエーションに活躍するローテーブルは、古材を塗って穴を開け、ボルトでキャスターを取り付けたもの。ある程度安定感がありつつ、一人でも動かせる。

天井高を上げて開放感を。

天井の板を外して躯体や配管を白く塗ると、広さはそのままなのに空間がぐんと広がった感覚に。この工事ができるタイプの天井かどうか自分では判断できないので、工務店に相談してみるのがおすすめ。
天井の板を外して躯体や配管を白く塗ると、広さはそのままなのに空間がぐんと広がった感覚に。この工事ができるタイプの天井かどうか自分では判断できないので、工務店に相談してみるのがおすすめ。

窓枠は白いペンキで明るい雰囲気に。

東側と北側に2つずつ並んだ大きな窓の枠を塗ると、部屋の印象ががらりと変わった。少しくらいはみ出したり、厚みが不均一でもご愛嬌。自分でここまできれいに仕上げられるなら挑戦してみる価値あり!
東側と北側に2つずつ並んだ大きな窓の枠を塗ると、部屋の印象ががらりと変わった。少しくらいはみ出したり、厚みが不均一でもご愛嬌。自分でここまできれいに仕上げられるなら挑戦してみる価値あり!

階段のカーテンで冷暖房の効率アップ。

2階のリビングから3階へと上る階段入り口には、ポールを取り付けて簡易なカーテンを吊るし、空間を仕切っている。これだけでリビングの冷暖房効率がかなりよくなったそう。工事いらずで効果大。
2階のリビングから3階へと上る階段入り口には、ポールを取り付けて簡易なカーテンを吊るし、空間を仕切っている。これだけでリビングの冷暖房効率がかなりよくなったそう。工事いらずで効果大。

[ダイニング]カウンターでキッチンを仕切り、 景色をすっきりと。

2階のリビングとダイニングは同じ空間だが、テーブルやカウンターによって、それとなくコーナーが分けられている。

「キッチンカウンターは、家具屋さんに作ってもらったものです。リビング側から見たときに流し台や家電類が隠れるようにしたかったので、高さは自分で測って決め、絵を描いてイメージを伝えました」。

サイズの合わない既製品を置くよりも、オーダーメイドでリフォームをすればスペースを無駄なく使える。ダイニングテーブルも、理想のサイズや質感のものが見つからず、それならばとDIYで。

「テーブルを大きくしたくて、後から両端に板を継ぎ足しました。こういう家具のリフォームも、けっこう気軽にやってしまいます」

洗面所、ダイニング、リビング…DIYと小さなリフォームのアイデアを紹介。

カウンターの内側は収納にフル活用。

もともと持っていたオーブンレンジなどが隠れるように設計されていて、毎日使う調理道具はカウンターに置いたままに。収納容量もたっぷりあり、数人でキッチンに立つゆとりも確保できた。
もともと持っていたオーブンレンジなどが隠れるように設計されていて、毎日使う調理道具はカウンターに置いたままに。収納容量もたっぷりあり、数人でキッチンに立つゆとりも確保できた。

見せたくないものはブラインドで目隠し。

冷蔵庫上の高い位置の収納棚には、日頃あまり使わない大きな調理道具などが。ほこりよけと目隠しを兼ねて、ブラインドを取り付けた。その下の白い棚もDIYで付けたものなので、サイズがぴったり。
冷蔵庫上の高い位置の収納棚には、日頃あまり使わない大きな調理道具などが。ほこりよけと目隠しを兼ねて、ブラインドを取り付けた。その下の白い棚もDIYで付けたものなので、サイズがぴったり。

縦横に板を継ぎ足して一回り大きな食卓に。

無垢の天板を組み合わせたいい味わいのテーブルも前田さん自身が作ったもの。当初の横に4枚並べた状態から、もう少し大きくしたいと、コの字形に板を3枚継いだ。自由な発想が快適さの秘訣。
無垢の天板を組み合わせたいい味わいのテーブルも前田さん自身が作ったもの。当初の横に4枚並べた状態から、もう少し大きくしたいと、コの字形に板を3枚継いだ。自由な発想が快適さの秘訣。

〝あったら便利“を形に。引き出しも付けてみる。

テーブルの裏側を見てみると、引き出しが一つだけ付けられているのを発見。よく使うカトラリーなどを収納しているそう。ここに引き出しが付いていたら便利だろうな、と想像できるアイデアに拍手!
テーブルの裏側を見てみると、引き出しが一つだけ付けられているのを発見。よく使うカトラリーなどを収納しているそう。ここに引き出しが付いていたら便利だろうな、と想像できるアイデアに拍手!

カップやティーポット用の棚を自分に合った高さに。

窓の上に吊り戸棚が設置されていたが、前田さんにとっては不便な高さだったので取り外し、窓枠に棚を取り付けた。高さを数段階に調節できる可動式レールの棚受けを付け、手に取りやすい位置にした。
窓の上に吊り戸棚が設置されていたが、前田さんにとっては不便な高さだったので取り外し、窓枠に棚を取り付けた。高さを数段階に調節できる可動式レールの棚受けを付け、手に取りやすい位置にした。

[洗面所]不便を解消し、 家の中でいちばん好きな場所に。

家じゅうを少しずつ手直ししてきた前田さんが、常々、「ちょっと使いにくいな」と感じていたのが洗面所。風呂が壊れたのをきっかけに、一念発起して水回りの大がかりなリフォームをした。

「以前はトイレと洗面所は別々になっていて、トイレがやけに広いわりに洗面所がとても狭かったんです。だから壁を抜いて一つの空間にし、リビングと同じように天井を上げてもらいました」。

工事によって、広々と、贅沢な気分になれるパウダールームに。チェストとスツールを置いてもなおゆったりしているので、ここでメイクや身支度を整える時間がとても好きになったそう。ストレスの元になっている場所ほど、リフォームの効果を感じられる。

洗面所とトイレを繋いでパウダールームに。

壁を抜いて繋げただけではなく、廊下側に張り出させることで空間を広く取った。その分、チェストを置くスペースもでき、想像以上に居心地のいい場所に。よく考えられたリフォームの成功例。
壁を抜いて繋げただけではなく、廊下側に張り出させることで空間を広く取った。その分、チェストを置くスペースもでき、想像以上に居心地のいい場所に。よく考えられたリフォームの成功例。

洒落たタオルかけはまさかのDIYパーツ!?

ちょっと変わったデザインのタオルかけ。実はこれ、壁に手すりを取り付けるための手すり受けだそう! プロ任せでは出てこないアイデア。自分で工夫するリフォームの楽しみは、こんなところにも。
ちょっと変わったデザインのタオルかけ。実はこれ、壁に手すりを取り付けるための手すり受けだそう! プロ任せでは出てこないアイデア。自分で工夫するリフォームの楽しみは、こんなところにも。

タオルや洗濯物をかけられるシンプルなポールを設置。

バスルームの手前、洗濯機の近くの天井にL字のポールを付け、洗濯物をいったんここにかけておけるようにした。手狭な洗面所ではこれも邪魔に感じるかもしれないが、天井が高いので気にならない。
バスルームの手前、洗濯機の近くの天井にL字のポールを付け、洗濯物をいったんここにかけておけるようにした。手狭な洗面所ではこれも邪魔に感じるかもしれないが、天井が高いので気にならない。

好きな高さに変えられる可動式の棚を活用。

お風呂上がりに毎日使うスキンケアアイテムなどはチェストの上、洗濯したタオルのストックなどは可動式の棚が定位置。棚の高さを変えられることで、 使い方を限定せずに自由が利くようにしている。
お風呂上がりに毎日使うスキンケアアイテムなどはチェストの上、洗濯したタオルのストックなどは可動式の棚が定位置。棚の高さを変えられることで、 使い方を限定せずに自由が利くようにしている。

ごく小さなスペースも収納に活かして。

洗濯機の脇の引き出しには、掃除グッズやゴミ箱など、出しておきたくないものをまとめて。これも洗濯機のサイズを測り、隙間にぴったり収まるように作ったという。隙間の有効活用、参考にしたい。
洗濯機の脇の引き出しには、掃除グッズやゴミ箱など、出しておきたくないものをまとめて。これも洗濯機のサイズを測り、隙間にぴったり収まるように作ったという。隙間の有効活用、参考にしたい。

洗面所を広げたことで壁の一部が斜めに。

パウダールームを廊下側に押し広げた形になり、結果、洗面所のドアの壁は斜め向きに。型どおりの間取りではなく、逆にユニークでおしゃれな印象にもなった。天井高を上げたところには天窓も付けた。
パウダールームを廊下側に押し広げた形になり、結果、洗面所のドアの壁は斜め向きに。型どおりの間取りではなく、逆にユニークでおしゃれな印象にもなった。天井高を上げたところには天窓も付けた。

これからも続く、心地いい家づくり。

部分的なリフォームなら案外手軽にできそうだと思わせてくれる前田さんの家づくり。デッドスペースに棚を作ってみたり、壁に色を塗ってみるだけで、生活が変わるのを実感できるかもしれない。

「ペンキ塗りはとくにおすすめです。最近の塗料は乾きやすくて失敗なくできますよ。それに、失敗してもまた塗ればいいし!」。

家づくりに完成形はなく、これからも少しずつ手をかけ、愛着を持って住み続けていきたいと前田さん。コロナ以降、在宅時間が増えたことも、あらためて家を見直すきっかけになったそう。

「仕事も落ち着いてできるし、帰ってきたら心からほっとする場所。今、この家に住んで以来、いちばん居心地のよさを感じています」

住まいに合わせて組み替えれば、棚は万能に。

もともと作り付けられていたように見える本棚も、実はDIY。ここに住む前から使っていた棚板を、引っ越しのたびに組み替えてきたのだそう。オーディオ類の置き場は引き出して使えるよう、可動式にしている。
もともと作り付けられていたように見える本棚も、実はDIY。ここに住む前から使っていた棚板を、引っ越しのたびに組み替えてきたのだそう。オーディオ類の置き場は引き出して使えるよう、可動式にしている。

ところどころ板を付け替え、猫に楽しく、使い勝手よく。

ところどころはみ出した棚板と上部の穴が開いた天板は猫たちのためのお手製キャットステップ。本棚にこんな機能までプラスできるとは! 気に入って使ってくれる子と、あまり使わない子がいるのだそう。
ところどころはみ出した棚板と上部の穴が開いた天板は猫たちのためのお手製キャットステップ。本棚にこんな機能までプラスできるとは! 気に入って使ってくれる子と、あまり使わない子がいるのだそう。

目隠ししたいところは簡易な扉を後付け。

本棚のなかでもこまごまとした書類などを収納している2区画にだけ、扉代わりの同色の板材を取り付けて目隠し。内側に市販の蝶番を付けているだけと簡単なものだが、外側からすっきり見える効果は抜群。
本棚のなかでもこまごまとした書類などを収納している2区画にだけ、扉代わりの同色の板材を取り付けて目隠し。内側に市販の蝶番を付けているだけと簡単なものだが、外側からすっきり見える効果は抜群。

ペンキで好みの色に塗り替えて、気分一新。

最近はブルーがお気に入りという壁の色。日当たりのいい3階の仕事部屋と、玄関の床タイルなどを青系に塗り替えた。前田さんにとってペンキ塗りはもはや、思い立ったらすぐにできる気分転換の一つ。
最近はブルーがお気に入りという壁の色。日当たりのいい3階の仕事部屋と、玄関の床タイルなどを青系に塗り替えた。前田さんにとってペンキ塗りはもはや、思い立ったらすぐにできる気分転換の一つ。
  • 前田敬子

    前田敬子 さん (まえだ・けいこ)

    〈LOISIR〉デザイナー

    猫とコーヒー、音楽と旅をこよなく愛する。えいた、にんにんと名付けた2匹の猫たちと暮らす。ロワズィールインスタグラム @loisir_official

『クロワッサン』1112号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. 洗面所、ダイニング、リビング…DIYと小さなリフォームのアイデアを紹介。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載