暮らしに役立つ、知恵がある。

 

つっぱり棒で引き出し内もすっきり、プロが教えるあっと驚くテクニック。

つっぱり棒マスターで整理収納アドバイザーの清水さちこさんに、あっと驚くテクニックを教えてもらいました。

画像提供・平安伸銅工業、清水幸子 イラストレーション・平安伸銅工業 文・長谷川未緒

引き出し内もすっきり。

収納ケースを入れるとスペースを取ったり、しまいたいものにぴったり合うサイズが見つけにくかったりする引き出し内。つっぱり棒やつっぱり棚で仕切りを作ろう。収納場所に合わせて縦横の仕切り方を自在に変えられ、引き出しの奥行きの調整もできる。

(1)

「2本のつっぱり棒でフライパンを挟み、引き出し内で転がるのを防ぎます。」

あると便利なフライパン置きは、つっぱり棒とブックエンドの組み合わせで作れる。
あると便利なフライパン置きは、つっぱり棒とブックエンドの組み合わせで作れる。

(2)

「つっぱり棚を立てて使えば、仕切り板として使えます。」

つっぱり棚を立てて使えば、 仕切り板として使えます。
つっぱり棚を立てて使えば、 仕切り板として使えます。

(3)

「引き出し内で容器が動かないように、サイズに合わせて仕切って。」

入れるものの大きさがバラバラだったり、しょっちゅう変わったりするキッチンの引き出しこそ、つっぱり棒や棚で仕切る。
入れるものの大きさがバラバラだったり、しょっちゅう変わったりするキッチンの引き出しこそ、つっぱり棒や棚で仕切る。

(4)

「スペースの限られた洗面所の引き出しもきれいに整頓できます。」

バスタオルとフェイスタオルなど大きさの違うものを同じ場所にしまうときに便利。
バスタオルとフェイスタオルなど大きさの違うものを同じ場所にしまうときに便利。

(5)

「ケースとつっぱり棒の合わせ技で、大物と小物をストレスなく収納。」

内部でバラけやすいものはケースに入れ、安定しているものはそのまましまう。
内部でバラけやすいものはケースに入れ、安定しているものはそのまましまう。

(6)

「あふれがちな鍋類は、つっぱり棒とブックエンドで整理し、サイズダウンして。」

耐震用粘着マットでブックエンドを固定し、フライパンや鍋を立て、2本のつっぱり棒で転がり防止。備え付けの仕切りの手前にはふた等を置く。
耐震用粘着マットでブックエンドを固定し、フライパンや鍋を立て、2本のつっぱり棒で転がり防止。備え付けの仕切りの手前にはふた等を置く。

(7)

「ぎゅう詰めだった引き出しはファイルケースも使って細かく仕切って。」

つっぱり棒でまな板の収納もスッキリ。ファイルケースを使い、入れているもののサイズに合わせて仕切ることで、必要なものがすぐ取り出せる。
つっぱり棒でまな板の収納もスッキリ。ファイルケースを使い、入れているもののサイズに合わせて仕切ることで、必要なものがすぐ取り出せる。

つっぱり棒で、こんなところにも!?効率的に収納空間を増やす。

「つっぱり棒は整理道具としてポピュラーですが、使いこなせていない人も多いと感じています」と語るのは、整理収納アドバイザーにして、つっぱり棒に関する専門知識を有するつっぱり棒マスターの清水幸子さん。

「まずは正しく取り付けることからです。ハンガーをかけすぎ、棒がズレ落ちた経験のある人も少なくないはず。向かい合う壁に正しくつけることと、長さの合うものを選ぶこと、耐荷重を考慮することが基本です。商品に表示されている耐荷重はいちばん短い状態で耐えられる重さであることが多いので、たとえば70cmの幅につっぱる場合、50〜80cmのつっぱり棒より60〜90cmで使えるつっぱり棒のほうがより重さに耐えられます」

つっぱり棒はデッドスペースを生かして収納量をアップしたり、空間を仕切ったり、2本使いすれば簡易的な棚を作ったりもできる。

「たとえば引き出し内やロッカーの中など、スペースと収納したいものにぴったり合うサイズのケースを探すのは意外と難しいもの。その点つっぱり棒ならばミリ単位で調整でき、ジャストフィットさせられます。自分らしく分類できる、いわば多様性のある収納用品といえると思います」

収納家具を買うより安価で、取り付け時は壁に穴を開けたり接着剤も使わないので、賃貸住宅でも安心。また、手軽に設置し直せるのもメリット。

「生活が変わって、収納するものが増えたり減ったりしたときや、引っ越しをしてものの配置が変わったときにも設置場所を気軽に変更できます。使用例をたくさん紹介しますので、あるといいな、と思った場所に自由な発想でつっぱってみてください」

つっぱり棒の正しいつけかた

つっぱり棒で引き出し内もすっきり、プロが教えるあっと驚くテクニック。

(1)パイプを回して長さを伸ばす。この時、つける幅より短くし、その状態から伸ばして取り付けるのはNG。

つっぱり棒で引き出し内もすっきり、プロが教えるあっと驚くテクニック。

(2)取り付けたい場所より数cm長めに出し、細いパイプ側を壁に押し当てる。

つっぱり棒で引き出し内もすっきり、プロが教えるあっと驚くテクニック。

(3)内蔵のバネを縮めながら太い側を押し込むと、バネの戻ろうとする力で壁に固定される。

つっぱり棒の強度

つっぱり棒の強度を決めるのは、壁との摩擦力とパイプのたわみにくさ、つっぱる力。両端のキャップが大きい…

つっぱり棒の強度を決めるのは、壁との摩擦力とパイプのたわみにくさ、つっぱる力。両端のキャップが大きいほど壁との摩擦力が増し、パイプは太いほうがたわみにくくなる。バネの力をしっかり利用してつっぱることも大切だ。

ここに注意!

□ 耐荷重を無視しない。
□ 平行でない壁に取り付けない。
□ キャップと壁の間に何かを挟まない。
□ 塗り壁に取り付けない。
□ 浴室には専用のものを。

棒の長さいっぱいにものをかけがちだが、耐荷重は要確認。取り付ける壁が平行ではない場合、キャップと壁に隙間ができ取り付けられない。キャップと壁の間に落下防止のために耐震ジェルマット等を挟むのも避けて。また漆喰や珪藻土の壁には傷がつく恐れが。浴室ではパイプや内部のバネが錆びることがあるので専用商品を。

  • 清水幸子

    清水幸子 さん (しみず・さちこ)

    整理収納アドバイザー、つっぱり棒マスター

    整理収納アドバイザー1級。住まいとオフィスの整理収納を提案。著書に『子どもと楽しく学ぶ 片づけの教科書』(Gakken)など。

『クロワッサン』1103号より

  1. HOME
  2. くらし
  3. つっぱり棒で引き出し内もすっきり、プロが教えるあっと驚くテクニック。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載