暮らしに役立つ、知恵がある。

 

おみやげにしたい、新旧名店が作る京都のおやつ10。

何百年も食べ継がれてきた伝統的な銘菓から、話題を集める最新店の焼き菓子まで。
繊細で華やかな京都メイドのおやつが一堂に。

撮影・青木和義 文・鈴木敦子

Zplus(ジープラス)の「小菊」(20個入り)1,500円

職人の熟練技が光る緻密さ。きめ細かく、口どけなめらか。
職人の熟練技が光る緻密さ。きめ細かく、口どけなめらか。

ライフスタイルコーディネーター、パフューマー・山藤陽子さんオススメ

阿波の和三盆糖だけで作る『鍵善良房(かぎぜんよしふさ)』の銘菓「菊寿糖」を直径1.5cmのプチサイズに縮めた「小菊」。同店が手掛ける美術館『ZENBI』に隣接するショップ『Z plus』が、「手のひらにのるギフト」として企画した専売品。

●京都市東山区祇園町南側570・107 
TEL.075・708・7311 
営業時間:10時~18時 月曜休(祝日の場合は翌日休)

美玉屋(みたまや)の「黒みつだんご」

とろんととろける団子と風味豊かなきなこは、一度食べたらやみつきに。
とろんととろける団子と風味豊かなきなこは、一度食べたらやみつきに。

編集者・中岡愛子さん、山藤さんオススメ

引きも切らず訪れる客の目当ては、米粉で作ったやわらかな串団子。粘度の高い黒みつがしっかり絡まり、表面を覆う多量のきなこが香りと旨味を添える。食べ始めると止まらない、ここだけの味が魅力。

●京都市左京区下鴨東本町18・1
TEL.075・721・8740 
営業時間:9時30分~18時 火曜休 
京都髙島屋、大丸京都店でも購入可。

亀末廣の「京のよすが」(9.5×8.2cm)1,300円

京の四季を表すさりげない愛らしさが見事です。
京の四季を表すさりげない愛らしさが見事です。

ライター・大和まこさんオススメ

1804年創業の老舗が誇る御所献上菓子。四季の風物をかたどった干菓子や生菓子が六角形の小箱を彩る様は、手に取る人を等しく笑顔に。毎年少しずつ内容が変わるため、新作の意匠を楽しみに待つリピーターも多い。

●京都市中京区姉小路車屋町東入ル車屋町251
TEL.075・221・5110 
営業時間:9時~17時 日祝休

ロイズ京都の 「黒糖と宇治抹茶のチョコレート」(18枚入り)864円

黒糖のコクのある甘みと抹茶のほろ苦さはつい手が伸びるおいしさ。
黒糖のコクのある甘みと抹茶のほろ苦さはつい手が伸びるおいしさ。

編集部オススメ

アクセントとなるほどよい塩味は、ミネラル豊富な黒糖に由来。京都府産の宇治抹茶とまろやかで深みのある沖縄県産の黒糖。それぞれの特長を生かした2層のチョコレートが、奥行きのあるおいしさを紡ぐ。

●京都駅前地下街ポルタ東エリア内「きょうこのみ」など、京都府内と近郊のみで販売。取り扱い店は公式サイトで確認を。https://www.royce.com/brand/contents/kyoto/

みやび堂の 「あぜくら」(210g)1,080円

店頭では、無料で山椒増量の〝マシマシ″オーダーも可能!
店頭では、無料で山椒増量の〝マシマシ″オーダーも可能!

料理研究家・井原裕子さんオススメ

みやび堂の商品のなかで、断トツの人気を誇る山椒風味のおかき。味の決め手は山椒や黒胡椒、ガーリックなどをブレンドした特製スパイス。ざくざくした歯ごたえとピリリとした刺激が忘れられず、ハマる人続出。

●京都市下京区四条通高倉西入ル 大丸京都店B1F
TEL.075・211・8111 
営業時間:10時~20時 無休 
オンラインでも購入可。https://miyabi-do.ocnk.net/

松屋常盤の 「味噌松風」(17×12cm)900円

歴史の重みを感じさせる店構えも素敵です。
歴史の重みを感じさせる店構えも素敵です。

山藤さんオススメ

白味噌と小麦粉、砂糖だけで作る素朴な焼き菓子。むっちりした生地は蒸しパンのようにほんのり甘く、白味噌の香りと黒胡麻の風味が素朴なアクセントに。370年にわたり、一子相伝を貫く、京都を代表する銘菓。

●京都市中京区堺町通丸太町下ル橘町83
TEL.075・231・2884 
営業時間:9時~16時 無休 
大丸京都店でも購入可。

シェリー メゾン ド ビスキュイの 「いちご&フランボワーズサンド」(9個入り)3,240円

クッキーはサクサク食感で、クリームはふんわり軽やか。
クッキーはサクサク食感で、クリームはふんわり軽やか。

大和さんオススメ

ハートを撃ち抜くビジュアルで京都土産の新定番に躍り出たビスキュイサンド。手掛けたのは京都のお菓子研究家・小林かなえさん。発酵バターとホワイトチョコのクリーム、甘酸っぱいベリーの組み合わせが心憎い。

●京都市中京区高倉通夷川上ル福屋町733・2
TEL.075・744・1299
営業時間:12時30分~16時 日~水曜休
オンラインでも購入可。http://www.kanaekobayashi.com/

焼き菓子工房 コレットの 「タルト・タタン」(右)、「タルト」(中・左)各1ピース600円

わざわざ買いに行きたい、技術に裏打ちされた虜になる味。
わざわざ買いに行きたい、技術に裏打ちされた虜になる味。

編集者、ライター・宮下亜紀さんオススメ

りんごや金柑を焼き込んだケーキは、ひと口で魅了される桁違いのおいしさ。年間を通じて複数品種のりんごを使い分けるなど、こだわり抜いた素材選びとフランス仕込みの確かな技が忘れがたい味を生む。確実に入手するには電話予約を。

●京都市上京区新猪熊東町350
TEL.075・406・1284 
営業時間:13時~17時 月~金曜休
DEAN&DELUCA京都でも購入可。

 le murmure(ミュルミュール)の「ガレット」(右)300円~、 「トゥルトゥピレネー」(左)270円~

繊細さと素朴さを兼ね備えた丁寧な味に癒やされます。
繊細さと素朴さを兼ね備えた丁寧な味に癒やされます。

大和さんオススメ

マロングラッセ、チーズと黒胡椒、アップルシナモン……素材の掛け合わせが見事なざくざく食感のガレットや、餡を混ぜた生地を大きなブリオッシュ型で焼くトゥルトゥピレネーなど、店主が納得いくまで試作し完成させた洋菓子が並ぶ。

●京都市上京区挽木町518
TEL.なし 
営業時間:11時30分~17時 月~水・金・日曜休

養老軒の「完熟みかん大福」1個370円、 「いちご大福」1個380円

果汁がはじける、ジューシー食感に感激!
果汁がはじける、ジューシー食感に感激!

ライター・泡☆盛子さんオススメ

じゅわっとみずみずしいフルーツを引き立たせるため、餡にもひと工夫。中身によって餡の甘さを変え、一体感あるおいしさを作り出す。いちじく、柿、ぶどうなど、季節ごとにさまざまなフルーツが登場し、常時10種類ほどが並ぶ。

●京都市中京区壬生西土居ノ内町21
TEL.075・311・3405
営業時間:10時~17時 水・木曜休

『クロワッサン』1089号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. くらし
  3. おみやげにしたい、新旧名店が作る京都のおやつ10。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載