くらし

西日本唯一のエンポリオ アルマーニ カフェに、「南国フルーツのトロピカルパフェ」が登場。

心斎橋パルコの2階に位置する「エンポリオ アルマーニ カフェ心斎橋パルコ」は、日本で2店舗目、西日本では唯一のエンポリオ アルマーニ カフェとして人気を集めている。7・8月の真夏のパフェとして、マンゴーやパイナップル、ココナッツを使用した、夏らしいパフェが登場。暑い夏でもさっぱりと楽しめるパフェに仕上げた。
「南国フルーツのトロピカルパフェ」(1,600円、※サービスチャージ(10%)別途必要)~8月31日(火)までの提供。
エンポリオ アルマーニ カフェ心斎橋パルコ。内装は最新コンセプトを採用、このデザインの店内を楽しめるのは日本で唯一。
グレージュカラーが美しい壁面。こちらも西日本唯一の常設販売となるアルマーニ/ドルチ(チョコレートや紅茶を展開)をディスプレイ。
店内のソファや椅子は、グリーン、ネイビー、オレンジといった異なるカラーを配しながらも、不思議と見事な一体感を生み出し、洗練された空間が広がる。

エンポリオ アルマーニ カフェのコンセプトは“モダンでリラックスした雰囲気の中、カジュアルに洗練された料理やスイーツを楽しめるカフェ”。1998年にパリで世界最初のEMPORIO ARMANIカフェがオープンし、現在は世界9店舗で営業。日本では表参道店、心斎橋パルコ店の2店舗を展開。

エンポリオ アルマーニ カフェ心斎橋パルコでの人気メニューの1つ「季節のパフェ」。旬の食材を使い、二ヶ月ごとに内容をチェンジすることで季節感を存分に感じられることが人気の秘訣。7・8月の真夏のパフェとして、マンゴーやパイナップル、ココナッツを使用した、「南国フルーツのトロピカルパフェ」が登場。
ココナッツとホワイトチョコレートのシートから始まるパフェは、パイナップルとココナッツを使用したカクテル「ピニャ・コラーダ」の爽やかなシャーベットへと続く。マンゴー、パイナップル、パッションフルーツ、アロエをミックスした層で南国気分を存分に味わった後は、なめらかなシャンティークリームへ。続く香ばしいクランブルで、ザクザクとした食感も楽しめる。ボトム部分は、レモンに似た爽やかな香りのハーブ、レモンバーベナのムースとゼリーでパフェを締めくくる。南国フルーツをたっぷりと使用し、さっぱりとしたパフェに仕上げた。

『エンポリオ アルマーニ カフェ 心斎橋パルコ』
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋183 心斎橋パルコ2F
TEL:06-6258-6202
営業時間:10時~21時 (フード 19時L.O./ドリンク 19時30分L.O.)
定休日:施設に準ずる

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。