くらし

お金に無頓着ゆえお金が貯まらないタイプを、行動経済学で診断!

つい繰り返してしまう消費パターンには心理的な法則が。無意識のクセを知って、お金と上手に付き合おう。
  • 撮影・豊田 都 イラストレーション・サンダースタジオ 文・黒澤 彩

あなたの悪癖を診断! 処方箋付きで解説します。

【お金に無頓着】タイプ

□ お金の不安はあるが、行動を起こせない。

●メンタルブロック

日本人に特有の価値観で、「お金は汚いもの」という刷り込みがある人は意外と多い。

「私自身も、そのように言われて育った世代です。お金について考えること、話すこと自体をよしとしないマインドは、一種のメンタルブロック。無意識のうちに、ブレーキをかけている状態です」

このメンタルブロックが、お金と正しく向き合うための行動を阻害している可能性も。あらためて自分の価値観を点検してみよう。

□ 情報収集が面倒で後回しにしている。

●決定麻痺

金融商品は目に見えないし、触ることもできない。ある程度のリテラシーが必要になるという意味で、情報収集が億劫になってしまうことはよくある。

「本来、人はたくさんの選択肢から選ぶことに喜びを感じますが、選択肢が多すぎると一転、検討することを先延ばしにしたり、選択すること自体をやめてしまいます。これは決定麻痺という現象。保険や投資信託も選択肢が多すぎるので、面倒に感じてしまうのです」

【処方箋】お金をタブー視しない

お金について人に話したり、相談したり、積極的に知識を得ようとしたりすることに対する抵抗感を取り除くことから始めよう。思い切って「お金が好き」と言ってみることもトレーニングになる。

そんなに無駄遣いしていないのに、お金が貯まらない。そう思っているのはあなただけではありません。

「無意識に繰り返している“クセ”に気づくことが、お金との付き合い方をあらためる第一歩です」

と話すのは、行動経済学に詳しい橋本之克さん。ビジネスや暮らしに役立つ実用的な学問として注目されている行動経済学とは、どんなもの?

「簡単にいえば、心理学と経済学を合わせた学問です。お金に関して、人は必ずしも合理的に行動するわけではありません。あまり深く考えずに衝動買いしたり、不要なものにも惰性でお金を払い続けたりしますよね? そうした人間の“不合理さ”を解き明かしてくれるのが、行動経済学です」

ひとつ例を挙げてみよう。お腹が空いているときにスーパーに行って、予定外にたくさん買い込んでしまった経験はないだろうか。この行動には、現在の状態が将来もずっと続くかのように思ってしまう「投影バイアス」の法則が当てはまる。

ほかに、買ってきただけの既製品よりも、ひと手間かけて完成させた品のほうに愛着を感じやすい「IKEA効果」なんていうものも。時代とともにアップデートされている、生きた学問でもある。

行動経済学を知ると、お金にまつわる悪いクセは、たしかに無意識の深層心理からきていると納得。

「さまざまな法則を意識できるようになると、トラップに引っかかって損することを防げ、ひいては得することが増えます」と橋本さん。自分の不合理さを認めることで、ストレスが減って生きやすくもなるという。

「ダメな自分を認められれば、悪いクセが出そうになったときに、『あ、これは!』と気づいて踏みとどまれることもあるでしょう。反対に、不合理さを認められず『悪い消費じゃない』と自分に言い聞かせるのは、とても苦しく損をし続けることにもなります」

さらには身近な人への理解も深まる。夫の不可解な買い物に潜む心理だって、はたと理解できるかもしれない。

「お金は、稼ぐのと同じくらい使い方も大切なものです。それによって家族との関係や人生のクオリティまで変わってきます。お金の使い方をできるだけ間違えないための、“転ばぬ先の杖”として行動経済学を知っておけば、きっといいことがありますよ」

行動経済学を知ることのメリット とは 

・間違った判断や罠にはまることを防げる

・損することが減り、得することが増える

・モヤモヤから解放されて生きやすくなる

・身近な人の価値観を理解できるようになる

橋本之克

橋本之克 さん (はしもと・ゆきかつ)

マーケティング&ブランディング ディレクター

広告代理店などを経て独立後、コンサルタント、講師、著述家として活躍。著書に『世界最前線の研究でわかる! スゴい! 行動経済学』などがある。

『クロワッサン』1048号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。