くらし

計画性がなくお金が貯まらないタイプを、行動経済学で診断!

つい繰り返してしまう消費パターンには心理的な法則が。無意識のクセを知って、お金と上手に付き合おう。
  • 撮影・豊田 都 イラストレーション・サンダースタジオ 文・黒澤 彩

あなたの悪癖を診断! 処方箋付きで解説します。

【計画性がない】タイプ

□ いざというときの備えがイメージできず、準備していない。

●楽観バイアス、計画錯誤

計画性がなく、将来への備えもしていない人は、ものごとを楽観視する傾向(楽観バイアス)が強いのかもしれない。だが、

「そもそも人は計画的な生き物ではなく、お金に関しても目標額が貯まるまでの時間などの見積もりは、たいてい甘くなります」

必要な時間、労力、お金などを実際よりも少なく見積もりすぎる計画錯誤がこれに当てはまる。対策として、目標設定だけではなく、それにかかる作業を細かく割ることで達成しやすくなる。

□ 百貨店や駅ビルに行くと必ず何か買ってしまう。

●サンクコスト効果

ちりも積もれば大きな出費に。この場合、「せっかく来たんだから買って帰ろう」などという発想が間違いのもと。

サンクコスト効果といって、人は過去に失って取り戻せないコストに囚われてしまう傾向があります。コストとは費用に限らず、時間や労力も含みます」

何も買わないと、ここまで来た労力と時間(=サンクコスト)がもったいないと感じるために起こる消費行動。結果、必要のないものを買って後悔することに。

□ セールなどで衝動買いするのがストレス発散になる。

●損失回避、時間割引

「セールのときに働く心理のひとつには、損失回避があるでしょう。これは行動経済学の親玉的な法則で、人は利益よりも損失を大きく評価するというものです」

セール期間だけ安い値段で買えるのは一種の権利。その権利を失いたくないという心理から、なぜか「買わなきゃ損」となる。

また、先々よりも今すぐ手に入るもののほうに価値を見いだす時間割引も発動し、他店も見比べてから買うという冷静な判断をしにくくなるのにも要注意。

【処方箋】「時間・労力」に囚われない

遠い未来のことは甘く見積もるわりに、過去の時間や労力をコストと見なして囚われてしまう。それが人間。「時間・労力」を買うための言い訳にしていないか、レジに向かう前に自身でチェックする習慣を。

そんなに無駄遣いしていないのに、お金が貯まらない。そう思っているのはあなただけではありません。

「無意識に繰り返している“クセ”に気づくことが、お金との付き合い方をあらためる第一歩です」

と話すのは、行動経済学に詳しい橋本之克さん。ビジネスや暮らしに役立つ実用的な学問として注目されている行動経済学とは、どんなもの?

「簡単にいえば、心理学と経済学を合わせた学問です。お金に関して、人は必ずしも合理的に行動するわけではありません。あまり深く考えずに衝動買いしたり、不要なものにも惰性でお金を払い続けたりしますよね? そうした人間の“不合理さ”を解き明かしてくれるのが、行動経済学です」

ひとつ例を挙げてみよう。お腹が空いているときにスーパーに行って、予定外にたくさん買い込んでしまった経験はないだろうか。この行動には、現在の状態が将来もずっと続くかのように思ってしまう「投影バイアス」の法則が当てはまる。

ほかに、買ってきただけの既製品よりも、ひと手間かけて完成させた品のほうに愛着を感じやすい「IKEA効果」なんていうものも。時代とともにアップデートされている、生きた学問でもある。

行動経済学を知ると、お金にまつわる悪いクセは、たしかに無意識の深層心理からきていると納得。

「さまざまな法則を意識できるようになると、トラップに引っかかって損することを防げ、ひいては得することが増えます」と橋本さん。自分の不合理さを認めることで、ストレスが減って生きやすくもなるという。

「ダメな自分を認められれば、悪いクセが出そうになったときに、『あ、これは!』と気づいて踏みとどまれることもあるでしょう。反対に、不合理さを認められず『悪い消費じゃない』と自分に言い聞かせるのは、とても苦しく損をし続けることにもなります」

さらには身近な人への理解も深まる。夫の不可解な買い物に潜む心理だって、はたと理解できるかもしれない。

「お金は、稼ぐのと同じくらい使い方も大切なものです。それによって家族との関係や人生のクオリティまで変わってきます。お金の使い方をできるだけ間違えないための、“転ばぬ先の杖”として行動経済学を知っておけば、きっといいことがありますよ」

行動経済学を知ることのメリット とは 

・間違った判断や罠にはまることを防げる

・損することが減り、得することが増える

・モヤモヤから解放されて生きやすくなる

・身近な人の価値観を理解できるようになる

橋本之克

橋本之克 さん (はしもと・ゆきかつ)

マーケティング&ブランディング ディレクター

広告代理店などを経て独立後、コンサルタント、講師、著述家として活躍。著書に『世界最前線の研究でわかる! スゴい! 行動経済学』などがある。

『クロワッサン』1048号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。