くらし

とらや 東京ミッドタウン店で、浴衣をテーマにした企画展を開催。

とらや 東京ミッドタウン店では浴衣をテーマにした、第 44 回企画展「YUKATA」を4月1日(木)~9月27日(月)まで開催中。

現在まで受け継がれている着物は、季節にあわせて生地や仕立て、着こなしが工夫され、伝統的な美意識や季節感は和菓子の意匠と共通するものがある。

とらや 東京ミッドタウン店で現在開催中の企画展「YUKATA」では、江戸時代後期、浅草に創業した老舗呉服屋・竺仙(ちくせん)協力のもと、竺仙の浴衣の柄と、とらやの大正時代の菓子見本帳に描かれた菓子の絵図に共通する、日本の四季が表現された18 種類の意匠のパネルの展示や、染の技法「注染(ちゅうせん)」の紹介、季節ごとの装いの変化に触れながら、伝統的なデザインの浴衣の反物を展示。浴衣の柄と和菓子に共通する意匠を通して、日本の四季を感じられる展示となっている。

数量限定の生菓子も販売。

羊羹製『竹の緑(たけのみどり)』 【販売期間】~11 日(日) 【価格】1 個 486円
外良製『うぶ衣(うぶぎ)』 【販売期間】2021 年5月16日(日)~25日(火) 【価格】1個 486円
琥珀製『花扇(はなおうぎ)』 【販売期間】2021 年7月16日(金)~25日(日) 【価格】1 個486円
琥珀製『若葉蔭(わかばかげ)』 【販売期間】2021年8月16 日(月)~25日(水) 【価格】1 個 519円
外良製『秋日和(あきびより)』 【販売期間】2021年9月10日(金)~19 日(日) 【価格】1 個 486円

この企画展の内容にちなみ、竺仙のロゴマークである竹や、浴衣と共通する花の意匠など、5つの生菓子を期間・数量限定で東京ミッドタウン店のみで販売。移ろう季節を生菓子でも味わいたい。

第44回企画展「YUKATA」
会期:2021年4月1日(木)~9月27日(月)
※休日・営業時間は店舗に準ずる。公式ホームページなどで確認。
場所:とらや 東京ミッドタウン店ギャラリー
東京都港区赤坂 9-7-4 D-B117 東京ミッドタウンガレリア地下1階
電話番号:03-5413-3541

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。