くらし

シリアスなスパイ映画で輝く小川真由美の人形美! 『陸軍中野学校』│山内マリコ「銀幕女優レトロスペクティブ」

『陸軍中野学校』1966年公開。 大映作品。DVDあり(販売元・KADOKAWA)。

戦争映画に傑作は多いものの、軍隊は究極の男の世界のため、女性がまったく登場しないこともめずらしくありません。ところが市川雷蔵主演『陸軍中野学校』では、ヒロインが意外な活躍を見せます。1966年(昭和41年)に封切られた、実在したスパイ養成学校を舞台にしたシリーズ第1作です。

三好次郎(市川雷蔵)はある日突然、草薙中佐(加東大介)にスカウトされ、スパイ養成の訓練を受けることに。名前も椎名と変え、婚約者の雪子(小川真由美)の前から忽然と姿を消す。まっとうな人生への未練を捨てた次郎に対し、彼をあきらめきれない雪子は、自らも英国のスパイとなるが……。

娯楽スパイ映画シリーズながら、増村保造が撮った第1作はとことん硬派。集められたエリートたちは最初、スパイなんて嫌だと反撥するものの、そのたびに加東大介が熱弁をふるって説得します。「このままではくだらん政治家や将軍どもがアジア全体を敵に回し日本を滅ぼしてしまう」という意見に全員が賛同。スパイとしての運命を受け入れていくものの、和を乱した仲間に自殺を強要するなど、志の高いエリート集団特有の粛清傾向には、なんだか嫌な予感が。

それにしても次郎、スパイの大義に目覚めてからは老母と婚約者を一顧だにしなくなるとは、本当に冷たい男です。たった1年の養成期間でここまで冷酷非情に作り変えられていくのが事実だとすると、これは怖い。大義に目覚めた男の狂気に付け入る隙なし。

仲間とともに壮大な正義に熱中する青年たちとは対照的に、次郎への愛という、自分の中の正義を一人で貫くのが、婚約者の雪子。自我のある女の暴走を愛する増村美学の結晶のような雪子を、小川真由美が演じています。体温を感じない、シリアスであだっぽいその美貌は、硬質なモノクロ映像&スパイというぶっ飛んだ世界観と完璧にフュージョン。次郎もいいけど、むしろ英国スパイ雪子の物語をシリーズ化してほしかった!

やまうち・まりこ●作家。11月3日までゲストキュレーターを務める企画展が富山県美術館で開催中。

『クロワッサン』1030号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。