くらし

【防災レシピ】ポリ袋を使ったトマコーンコンビーフの作り方。

“日常に近い食事”ができるように備蓄された食品こそがいざという時のお助けに。ふだんの暮らしの中で少しずつ備えるコツは? 管理栄養士、防災士の今泉マユ子さんに教わります。
  • 撮影・岩本慶三 文・寺田和代

【トマコーンコンビーフ】火を使わず野菜+栄養豊富な料理を。

【材料(2人分)】
コンビーフスマートカップ1個(80g)
トマトジュース50ml
コーンドライパック1缶(65g)
黒こしょう適量

1.材料を揃える。トマトジュースは災害時の野菜不足解消に、コンビーフはタンパク質やミネラル補給に最適。

2.コンビーフはプラスチック容器「スマートカップ」タイプを。開封しやすく、簡単に中身を出せる。

3.ドライパックのコーンを加えて栄養価と食感をアップ。液切り不要のドライパックは日常も非常時も重宝。

4.最後にトマトジュースを加えることでコンビーフがほぐれ、水分と酸味も増して食感も味も食べやすくなる。

5.袋ごと揉むようにして材料をよく混ぜれば出来上がり。火を使わないので、子どもや高齢者でも簡単にできる。

6.袋のまま器に。黒こしょうをかけると風味が増す。酸味が加わると、コンビーフが苦手な人でも食べやすい。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。