くらし

非常時の不安を和らげる温かい食事のために、備えておきたい調理道具。

“日常に近い食事”ができるように備蓄された食品こそがいざという時のお助けに。ふだんの暮らしの中で少しずつ備えるコツは? 管理栄養士、防災士の今泉マユ子さんに教わります。
  • 撮影・岩本慶三 文・寺田和代

【調理器具】カセットコンロと水を使わない道具は必須。

温かな食事は不安を和らげ、生きる希望に。ライフラインが途絶えてもホッとできる食事を続けるための熱源と道具の必需リスト。

温かな料理が災害時の救いに。

ライフラインが復旧するまでの熱源確保には手軽に調理ができるカセットコンロが必須。普段から定期的に使って慣れておこう。

使用期限は7年。1カ月分の備蓄を。

ガスボンべ1本で約60〜90分使用可。1カ月ガスが止まると想定し15〜18本の備蓄が目安。使用期限7年なのでローリングストックを。

調理道具を汚さず蓋や器にも。

鍋やフライパンにアルミホイルを敷いて調理すれば、使った調理道具を洗わずに済む。蓋や器としても利用でき、そのまま捨てられる。

皿にかぶせて洗い物を減らす。

アルミホイル同様、洗い物を減らすために器はラップフィルムをかぶせて使う。器を汚さず、食事を終えたら汚れたラップは廃棄。

皮をむけば洗わずに根菜類が食べられる。

大根、人参、ジャガイモなどの根菜はスライサーやピーラーで皮をむけば洗う必要がない。使った道具はウェットティッシュで拭くだけ。

キッチンばさみを包丁代わりに。

洗い物を減らすためにと、まな板にラップを敷いて包丁を使うと滑りやすく危ない。キッチンばさみで代用すれば、節水できる。

「耐熱性」「湯せん可」表記のポリ袋を選ぶ。

災害時には、ポリ袋に食材を入れ、鍋で湯煎する調理法が役立つ。ポリ袋の商品表示を確認し「耐熱性」「湯せんができる」ものを選ぶ。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。