くらし
更新:

【山口もえさん・香月りささん対談】旬を味わい、育てる喜び。野菜がある毎日は楽しい!

野菜ソムリエとして活躍する二人。 品種や産地ごとの食べ比べ......といったちょっと玄人な楽しみ方から、忙しい毎日の中で野菜を少しでも摂る裏技(?)まで、さまざまな角度からの野菜談議を繰り広げてくれました。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・佐藤美紀(山口さん)、高島聖子(野菜イメージ) ヘア&メイク・HIROKO 文・大澤千穂

香月りささん(以下、香月)  野菜力診断テスト(⇒こちら)では山口さんの知識にあらためて驚きました! そもそも野菜ソムリエの資格を志したきっかけは?

山口もえさん(以下、山口)  長女を妊娠した時、食べるものが赤ちゃんと自分の体を作るということを実感したのがきっかけです。そこで産休の間に「野菜ソムリエ」に挑戦して合格して……。でもその後、中級の「野菜ソムリエプロ」を取得したんですが、そちらは難しかった!  何度挫折しそうになったことか(笑)。結局3回目の受験でやっと合格しました。

香月 私も2回受けましたが中級は野菜の知識はもちろん、マーケティング関連など出題範囲も幅広い。プレゼンや面接もあり、難関ですよね。

山口 そうなんです。でも努力の甲斐あって、今はその知識が暮らしに生きています。スーパーに行く時の目線も変わりますよね。同じ野菜でも産地が変わると、微妙に季節がずれていたり。

香月 いわゆる「産地リレー」ですね。野菜が旬を迎えるのは産地によって異なりますから。品種も季節によって変わります。梨なら夏から幸水が出回り秋口に豊水が、というように。

山口 私は「栗マロン」というかぼちゃと、さつまいもの「シルクスイート」という品種が大好物なんですが、好きな品種は旬のうちにいっぱい食べなくちゃ! って、つい気合が(笑)。

香月 5月だとちょうど豆類が旬になりますね。

山口 そら豆とか、楽しみです!  旬の野菜はたくさん収穫できるから価格もお手頃。春ならスーパーでキャベツが1玉98円!なんて時は絶対買いです。もちろん味も最高の時季なので手間をかけなくてもおいしい。キャベツも刻んで塩とオリーブオイルをかけるだけとかで充分。

香月 旬野菜はお手頃な価格で味もよく栄養価も高くいいことずくめですよね。ご家族も野菜は好きですか?

山口 上の子たちは葉野菜が苦手ですね。でも子どもって味覚が敏感なので無理に食べさせるより、大人がおいし く食べる姿を見せることが大事だと思ってます。夫と私の大好物、春菊のサラダも「この苦味はね、大人になったらすっごくおいしいんだよ!」って大人になってのお楽しみにしてあげたり。

香月 私も無理に食べさせない派です。「子どもが野菜を食べない」というご相談を受けることがあるんですが、叱るよりも、食べたらほめてあげるほうが進んで食べるようになると思います。

山口 わかります。私は昔から好き嫌いがないんですが、それも両親が「この野菜を食べたら美人さんになるのよ」と上手に勧めてくれていたから。うちの夫も基本的には野菜好きなんですが、しいたけだけはぜったいに食べないんです! 子どもたちとしいたけを原木(菌床)から育てたことがあったんですが、 それも食べず(笑)。

香月 お子さんが育てたのに!(笑)

山口 と、思いますよね? 実はこっそりオムレツに入れたんですけど、うちの長男はやさしくて「パパ、それしいたけ入ってるよ」って教えてあげちゃったんです。もう少しだったのに(笑)。

香月 惜しい! でも原木から育てるなんて本格的ですね。私も市民農園を借りて野菜を育てていますが、採れたてはやっぱりおいしい。

山口 うちは〈でるまっしゅ〉っていうきのこ栽培キットで育てました。きのこが出るから、でるまっしゅ(笑)。

香月 わぁ、楽しそう! 今ちょうど野菜の苗が出る時期なので、ベランダ菜園を始めるにも最適ですね。初心者 ならおすすめはピーマン。あまり大きくならず虫がつきにくいので、ベランダでも育てやすいですし。

山口 香草もいいですよね。育てる間も香りを楽しめるし、料理の彩りやスパイスとしても使えますし。

香月 自家栽培は心が豊かになる気がしますよね。一方で野菜は体にいいとわかっているけれど、一日の目標摂取量は350g というとハードルがやや高く感じます。私はそれよりミニトマト1個でもいいから「昨日より多く食べる」を続けられればいいと思います。

山口 まず「野菜が足りてない」と気づいた時点でその人は大丈夫。気づけ自然と手に取るものが変わります。

香月 そうなんですよね。私も野菜チップスを持ち歩くなど、いろんな形で食べて栄養補給しています。

山口 今日食べるものは先々の自分を作るものですもんね。だから野菜を摂ることは、未来への投資だと思ってい ます。「野菜、足りてないかも」と気づいた瞬間から、その人の未来は素敵に変わり始めているんじゃないかな。

山口さん・ブラウス1万9800円〈税込〉、スカート3万9600円〈税込(〉共にDsofa TEL 044・844・6559)

『クロワッサン』1021号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。