くらし

【山田ルイ53世のお悩み相談】子育てが辛くイライラします。

お笑いコンビ髭男爵のツッコミ担当で、作家としても活動中の山田ルイ53世さんが読者のお悩みに答える連載。今回は夫と子供へのイライラを止められない女性からの相談です。
  • 撮影・中島慶子

<お悩み>

2歳の娘と夫に対して、イライラしてしまいます。
娘は、以前より自我が強くなり、癇癪や奇声をあげることもありますが、基本的には大人しく育てやすい性格だと思います。
夫は、帰宅が遅く休日出勤もありますが、休日は子供を公園に連れて行ってくれたり、割と家事育児に協力的です。そんな2人にイライラしてしまうんです。
例えば、夫の起床が遅かったり、友達と遊びに行っていたり、ソファで寝そべっている時。
夫も仕事が忙しいので、息抜きさせてあげたいという気持ちもあるのですが、イライラの方が勝ってしまいます。

子供に対しては、癇癪をおこした時に私が無意識にため息をついてしまったり……。泣いているのに、耳を塞いで聞かないようにしたり……。
感情が、コントロールできない事が増えました。
どうすれば、イライラせず、穏やかに過ごすことができるでしょうか?
専業主婦で、子供1人、楽なはずなのに……。
もう、うまくやれない自分に疲れました。

(みな/女性/30代の専業主婦です。2歳の子供がいます。)

山田ルイ53世さんの回答

小2の長女と1歳の次女、2人の娘の父親でもある筆者。
相談者さんより、少しだけ先を歩く立場から言わせていただくなら、「専業主婦で、子供1人、楽なはずなのに……」という認識は改める必要があるかもしれません。
1人だろうが、2人だろうが、しんどいものはしんどいのが育児。

そもそも、“専業主婦”という「仕事」は、日々の家事だけでも心身共に過酷なもの。
実はこの時点で、既に「共働き」の状態なのです。

そこに子育てが加わるのですから、やはり夫婦で分担していくべきなのだろうと筆者は考えます。
ご家庭ごとにやり方があって良いのは勿論ですし、「協力的な旦那さん」が素晴らしいのは言うまでもないわけですが、だからと言って、正直、相談者の子育てに関する大変さが“半減”したわけでもない。

本連載で以前にも書きましたが、四六時中、2歳の子供の世話をし見守るというのは、植物の成長を“早送りVTR”ではなく、肉眼でずっと観察し続けるようなもの。
しんどいのです。

そして、相談者とて、寝坊したり、友達と遊びに行ったり、ソファーでボーとしたりしたいはず。
いや、するべきだと思います。

まずは、胸を張って「しんどいわー!!」と言うことから始めましょう。現状では、“イライラ”の方が勝って当たり前。
「うまくやれない自分」に疲れたのではなく、ただ「疲れている」のだと肝に銘じて下さい。
 大体、母親になった途端、「聖母マリア」になるわけでもなし。
周囲も自分自身も、人間としてのハードルをやたらと上げてしまいがちですが、ママもただの人です。
万が一(にもないとは思いますが)、“虐待”などに繋がっては大変。
旦那さんや周囲の方々に、もっと積極的に愚痴をこぼし、助けを求めることを強くお勧めします。

山田ルイ53世●お笑いコンビ、髭男爵のツッコミ担当。本名、山田順三。幼い頃から秀才で兵庫県の名門中学に進学するも、引きこもりとなり、大検合格を経て愛媛大学に進学。その後中退し、芸人へ。著書に『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)、『一発屋芸人列伝』(新潮社)、近著に『一発屋芸人の不本意な日常』(朝日新聞出版)。
 公式ブログ

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。