くらし

凄まじい天才エピソード乱発! Netflix『天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する』。【エディターのおうち時間】

クロワッサンのエディターがお届けするおうち時間を充実させるアイデア。今回は『不都合な真実』でアカデミー賞を獲得したデイヴィス・グッゲンハイム監督が丹念に追った、ビル・ゲイツのドキュメンタリーを紹介します。マイクロソフトを創業した世紀の天才の脳内にカメラが潜入!
  • 文 クロワッサンオンライン
Netflixオリジナルシリーズ『天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する』独占配信中。【あらすじ】自身の人生に影響を与えた人々との思い出や、今なお追い続けている壮大かつ大胆な目標について語る世界有数のビリオネア、ビル・ゲイツの思考を探る。

昔、360度誰もいないオーストラリアの荒野を一人でドライブしていたとき、突然、それまで抱えていた悩みが吹き飛んだことがあります。人は雄大すぎる景色を前にすると「地球はあまりにも大きい→私は本当に小さい→私の悩みなんて塵のようなもの」という思考ステップを踏むのかもしれません。

Netflixの『天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する』を観たあとの気持ちも、ちょっとこの荒野のドライブに似ていました。「ビル・ゲイツがあまりにも天才すぎる→私は本当に小さい→私の悩みなんて塵のようなもの」という感じ。

とにかく、ビル・ゲイツの天才エピソードがすごい。たとえば、「中2から高3まで数学の成績がワシントン州でトップだった」「本を1時間で150ページ読んで90%を覚えている」「社員の車のナンバーを暗記しているので駐車場を見れば誰が出勤しているかわかる」などなど。

コンピュータに革命を起こしたビル・ゲイツの頭の中がまさにコンピュータそのものだったんですね…!

しかし、彼の天才っぷりは単なる圧倒的な秀才という点に限定されません。
2008年にマイクロソフトの第一線から退いたあとは、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団で慈善活動に携わっているビルですが、とにかく解決したい課題のスケールが大きい。「世界の子どもを平等にしたい」「地球温暖化をストップしたい」など、一代ではとても無理であろう、地球規模の課題ばかりです。しかも、それを実現しようと本気で取り組み、どんどん行動に移す。

数学の天才で、視座が高く、行動力もある。
いや、本当に、ビル・ゲイツがあまりにも天才すぎる……私は本当に小さい……私の悩みなんて塵のようなもの……。

個人的には、そんな天才が、コーラやハンバーガーが大好きだったり、メガネを噛む癖がやめられないなど、意外な隙も見せてくれたのも興味深かったです。そして愛妻家!

小さいことでうじうじしているときに観ると、何かがふっきれるかもしれませんよ。 (のぐぽん)

のぐぽん
『クロワッサン オンライン』ディレクター。戦国武将から昭和の名建築まで、ちょっと昔のものにときめきがち。美しい映像とキザなセリフが多い映画が好き。最後にガッツポーズするようなハッピーエンドよりは、「あのラストの意味は…?」と考えこんでしまうタイプの作品に弱い。ネットフリックスでは最近ドキュメンタリーを色々漁り中。スパイものへの関心も高まっております。

⇒ のぐぽんの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。