くらし

文具好きがおすすめ!驚きの進化が詰まった最新文具。

文房具がますます使いやすく楽しくなっています。お店やメーカー、文房具好きの人々に、おすすめを聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・長谷川未緒

修正した内容を知られたくない間違いに。

プラス 裏から見えない修正テープ 300円(プラスお問い合わせセンター TEL.0120-000-007)

白いテープの裏面に特殊パターンを印刷することにより、修正前の文字が裏から透けて見えない修正テープ。表側は白色だから通常の修正テープと同様に使える。「両面コピーをとる書類に便利」(不動産会社勤務・37歳)

貼り間違えてもきれいに貼り直せる。

トンボ鉛筆 ピットリトライC 250円(トンボ鉛筆お客様相談室 TEL.0120-834198)

独自の技術で接着速度をコントロールし、約1分間貼り直し可能なテープのり。「封筒を閉じるときに、しわが寄ったり曲がったりしても貼り直せるから安心。ドット状にのりの色が付くのも見やすい」(銀行勤務・45歳)

セロハンテープ貼りが片手でできる。

ハリマウス 780円*編集部調べ(ハリマウス TEL.075-325-2600)

修正テープを使うような動作で、セロハンテープが貼れて切れる。短くても長くても、使いたい長さぴったりに貼れて無駄がない。「家計簿にレシート貼りする際に使っています。指紋をつけずに貼れるのが画期的」(主婦・37歳)

指先ひとつで折り返しタブが作れるテープカッター。

横田文具 タブも作れるテープカッター 大 2,980円(横田文具 TEL.03-6712-7416)

あとではがしやすいようにテープの端を折り返しておくタブ作りができるテープカッター。可動式のカッター部を指で押すだけと簡単。「失敗せずに素早くきれいに折り返せるので、気持ちがいいです」(セレクトショップ勤務・51歳)

散らばりがちなふせんを組み合わせてセット。

3M ポスト・イット(R) 強粘着ポップアップディスペンサー トリオ(ふせん3種、ディスペンサー1台) 1,200円*編集部調べ(3Mジャパン 文具・オフィス事業部 TEL.0120-510-333)

強粘着タイプのふせんを1枚ずつ取り出せるディスペンサー。複数の色とサイズをひとまとめにできる。「ふせんを束ごとなくすことがなくなりました」(編集者・51歳)、「片手で使えて便利」(文具ソムリエ 菅さん)

力加減に左右されず紙を1枚だけ切ることができる。

オルファ キリヌーク 880円*編集部調べ(オルファ TEL.06-6972-8101)

内蔵されたバネが刃の圧力を一定に保ち、安定した1枚切りができる。「雑誌のとっておきたいページを切るのに使っています。下のページまで切ってしまうことがないので、必要なところをきれいに残せてうれしい」(主婦・62歳)

テープカッターがなくても、まっすぐきれいに手で切れる。

3M スコッチ(R) 手でまっすぐ切れるテープ 440円 *編集部調べ(3Mジャパン 文具・オフィス事業部)

基材に特殊なポリプロピレンフィルムを使うことで、手でカットできる透明梱包用テープ。油性ペンで上から字を書くこともできる。「切り取り線が入っているのかと思うくらい、すぱっと切れます」(司法書士・45歳)

『クロワッサン』1018号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。