くらし

東京23区の位置を確認!?│山口恵以子「アプリ蟻地獄」

  • イラストレーション・勝田 文
『あそんでまなべる東京都地図パズル』。ジグソーパズルのように市区町村を覚えることができる教育系ゲームアプリ。無料。

国旗クイズに続く、あそんでまなべるアプリシリーズ。東京23区モードと東京都全域モードがあり、どちらも境界線入の地図に地区名入のパズルをはめるトレーニングから、ノーヒントのエキスパートまで三段階。

私は23区のトレーニングを五分で完了、エキスパートでもほぼ同タイムで完了し、編集者に驚嘆された。

何故地図オタクでもない私にこんな事が可能だったかというと、ひとえに去年の台風十九号のせいだ。

私の住む江戸川区は海抜ゼロメートル地帯で、かつては水害に悩まされていたが、治水工事が進み、過去五十年間は床下浸水さえ一度もなかった。それが、突然の避難勧告である。

荒川の堤防が決壊すれば、城東五区(足立・江戸川・葛飾・江東・墨田)は全域が水没する。

だが、我家には三匹のDV猫と母の遺骨(遺言で私が死ぬまで一緒にいる)と要介護2の兄がいる。彼らを連れて避難所には行けない。

私は天気予報を聞きながら、穴があくほど地図を見つめ、堤防が決壊しないように祈り続けた。お陰で城東五区の形と位置関係が目に焼き付いてしまい、地図をぱっと見ただけで、すぐに分ったのだ。

幸い、今回は浸水被害を免れた。しかし次も無事とは限らない。

これまで防災と言えば地震対策だったのに、実は水害もあったのね。

東京都の地図なんて分らなくても構わない。もう大きな台風が来ないように、来ても高潮と重ならないように、荒川の堤防が無事なように、ひたすら願う毎日である。

山口恵以子(やまぐち・えいこ)●作家。最愛の母と過ごした最期の日々を綴ったエッセイ『いつでも母と』(小学館)が3月5日に発売予定。

『クロワッサン』1016号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。