くらし

『若尾文子映画祭2020』東京・角川シネマ有楽町ほか全国順次開催

”銀幕のスター”、女優・若尾文子さんの映画祭を祝して、熱烈なファンである山内マリコさんがその魅力を描きます。
  • 文・山内マリコ

黄金期の日本映画界には幾人もの名女優がいるけれど、若尾文子はちょっと特別な存在だ。
アイドルっぽい華のあるチャーミングな顔立ち、少し鼻にかかった独特の声音、着物も洋装もよく似合い、コメディからシリアス、時にはエロティックな悪女まで、どんな役でも地のように演じてしまう。
なにより素晴らしいのは、出演作品の質の高さと数の多さ。女優が添え物扱いの映画も多い中、若尾文子の主演作は、女が観てぐっとくる作品が粒ぞろいなのだ。これは主体的な女が主役を張る“女性映画”に定評のあった、大映の看板女優だからこそだろう。

わたしがあやや(若尾文子様の愛称)にハマったきっかけは、『青空娘』だった。海外の少女小説を思わせる素朴なストーリーながら、イタリア留学経験のある若い監督による演出は切れ味鋭く、スピーディーでドライで、ぐいぐい引き込まれる。湿っぽくて男臭くて重たい作品ばかりと思っていた昭和の日本映画に、まさかこんな鉱脈があったとは!

さらに驚くべきはあややの演技のバリエーションと、女としての成就ぶり。
昭和32年公開の『青空娘』では、まだ子供のような溌剌とした少女を演じていたのに、そのたった5年後には『しとやかな獣』で、悪辣なファム・ファタールに扮しているのだ。
たとえば『銀座っ子物語』のようなキュートなラブコメ路線も、『越前竹人形』のような日本的な悲劇のヒロインも、『女系家族』のようなしたたかな不義の女も、ケロッと自然体で演じ分けてしまう。
名コンビと謳われた増村保造をはじめ、溝口健二に小津安二郎、川島雄三に吉村公三郎など、この時代の名監督を網羅できてしまうほど、あややのフィルモグラフィーは驚異的に充実しているが、どんな役でも自分のものにしてみせる高度な演技力あればこそ、これだけの作品に恵まれたわけだ。
若尾文子は日本映画が最高に輝いていた時代に、真っ白いキャンバスのようにどの役にも染まってみせた、運命の女優なのだ。

自我のある激しい女、一筋縄ではいかない女、誰にも飼い慣らせない女、男を困らせる手強い女。「こんな女を観たかった」と喝采を送りたくなるような最高の女に、きっと出会えるはず!

山内さんおすすめ若尾文子映画5本

1.『青空娘』和製シンデレラ物語を増村保造監督と初タッグで演じた記念碑的作品。角川シネマ有楽町(以下同)では2月28、29日、3月5、9、12日に上映。©KADOKAWA1957
2.『銀座っ子物語』イケメン三兄弟に一目惚れされる美女をカラー映像でファッショナブルに演じるラブコメディ。テンポよい演出も見どころ。3月27、31日、4月2日上映。©KADOKAWA1961
3.『女系家族』大阪・船場の繊維問屋を舞台に、三姉妹と若尾演じる愛人が遺産相続をめぐる嫉妬と欲望渦巻く争いを展開する文芸大作。2月28日、3月2、4、10、12日上映。
4.『しとやかな獣』団地の一室で繰り広げられる金と欲にまみれた人々の攻防を奇才・川島雄三監督が描く異色作。若尾の知的な悪女役が楽しめる。3月19、21、23、28、31日上映。©KADOKAWA1962
5.『越前竹人形』竹細工職人と娼妓の切なく、哀しい恋を描く。名カメラマン宮川一夫が悲劇に耐える若尾の表情を神々しいほどに美しく捉える。3月1、4、7、9、13日上映。©KADOKAWA1963

山内マリコ
やまうち・まりこ●作家。現在本誌にて「銀幕女優 レトロスペクティブ」を連載中。

若尾文子映画祭2020
東京/角川シネマ有楽町(2月28日~4月2日、41本を上映)ほか、大阪/シネ・ヌーヴォ(4月18日~)、大分/シネマ5、福井/メトロ劇場、石川/シネモンド等で全国順次開催。
『若尾文子入門DVD-BOX1&2』が6月30日まで期間限定発売中。
詳細は、http://cinemakadokawa.jp/ayako-2020/
©KADOKAWA

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。