くらし

【試して納得】長い毛足が洗剤なしでも汚れを掻き取るレンジふきん。

水だけで油汚れまでサッと落とし、洗剤を使いたくない場所にも便利に使えるレンジふきん。実は世界が注目する日本の技術が生かされていました。
  • 撮影・青木和義 文・板倉ミキコ

「白クマみたいにふわふわで愛らしいな〜」と言うのが、この長い毛足が特徴的なふきんの第一印象。でもそれ、あながちイメージだけではなかったんです。

生地を作っているのは、フェイクファーや動物のぬいぐるみなどに使われる生地の産地、和歌山県高野口にあるメーカーです。ふんわりした毛の風合いがいつまでも続き、毛も抜けづらいという品質の高さで、世界中からオファーが絶えない場所なんです。

その技術を生かして織られたふきんの生地は、アザラシ(シール)の毛皮に似ているところから名付けられた、シール織。確かに、氷上で気持ち良さそうに寝転がっている、モフモフのゴマフアザラシの赤ちゃんの毛皮に酷似しています。

この毛足の長さが、汚れを掻き取るときに大活躍。通常のシール織よりも毛羽落ちしないよう特別に織られた毛足が、洗剤をつけなくてもサーッと油汚れを拭き取ってしまいます。

拭き取り力が良く、洗えばすぐに汚れが取れるので、油も臆することなく拭き取れる。
液体の吸収力も優秀。シミが気になる、ワインなどをカーペットにこぼした時もふきんに吸わせれば安心。

調味料や食材の汚れがこびりつく冷蔵庫内の掃除にもササッ。料理中のレンジ周りもササッ。キッチンだけでなく、家中の汚れを気持ち良く拭き取ってくれます。気付いた時、気になる汚れを拭き取れる、“ちょこっと掃除”を簡単に叶えてくれるレンジふきんがあれば、大掃除のいらない暮らしが実現します。

ツヤツヤの美しい糸を織り込んだ、長い毛足のふきん。手頃な贈り物としても人気。

似たような商品は100均でも見かけますが、レーヨン100%の糸の質の高さ、そして糸自体に特徴を持たせた高い技術を誇る織は、耐久性が断然違います。汚れを掻き取るパワーも凄いのですが、ついた汚れのほとんどは、水洗いで落ちてしまう使い勝手の良さも魅力です。頑固な汚れは、ぬるま湯と中性洗剤を使えば大丈夫。

残念なことが一つあります。とても繊細なレーヨン糸は、使用前はふわふわですが、水に濡らすとキュッと一回りほど縮んでしまう点。ふわふわがワンランク落ちてしまうのは残念ですが、冷たい海を泳ぎ切ったアザラシのようでもあります。逆に愛着が増す、と言えなくもないです。でも、使い始めに縮んで以降はほとんど縮みが起こらないのは、さすがのハイクオリティー。使い込んでも洗うたびに白さが戻るので、長年愛用できるふきんです。
(ライター  Mikiko)

<商品概要>
■商品名
レンジふきん(税抜 380円)

■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。