くらし

【行ってよかった】神田松之丞の講談を聞いて浮世絵を知りたくなった夜。

クロワッサンオンラインのメンバーによる「行ってよかった」シリーズ。今回は、2020年夏に開催する「The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション」 のプレイベント「神田松之丞 独演会 ~講談と浮世絵の世界~」の模様をお届けします。

2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックで盛り上がっているのはスポーツ分野だけではありません。
みずほ総合研究所の試算では今年は海外から3600万人ほどの訪日外国人が予想されているとのこと。アートの世界でもさまざまな企画が目白押し!

中でも注目なのが2020年夏に開催される「The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション」。
日本の三大浮世絵コレクションと言われている、太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団から選りすぐった約450点の浮世絵版画を展示する企画展です。

昨年の年の瀬、2019年12月25日にこの企画展のプレイベントとして、今一番チケットが取れないと言われる、講談師・神田松之丞さんによる独演会「神田松之丞 独演会 ~講談と浮世絵の世界~」が行われました。

今回のプレイベントの発端は遡ること2019年1月。六本木・森アーツセンターギャラリーで行われた「新・北斎展」の音声ガイドを神田松之丞さんが務めたところ、音声ガイドの貸し出し率が大変高かったとのこと。再び浮世絵の魅力を広めるべく松之丞さんに白羽の矢が立ったんだそう。

イベント前の主催者挨拶の中でも、
「このイベントを企画した1年前は、『一週間くらいでチケットが売れると思います』なんて言っていたのに、蓋を開けてみたら、数秒で売り切れました。みなさん本当に幸運です」
とあり、神田松之丞さん人気を改めて思い知ることに。

第1部では、太田記念美術館主席学芸員の日野原健司さんと神田松之丞さんが浮世絵について対談するという企画。
そもそも浮世絵とは? という松之丞さんの質問には、「江戸時代〜明治にかけて流行った庶民のために描かれた絵画です」(日野原さん)とのこと。美人画、歌舞伎役者などの役者絵、江戸の町や日本各地の各所を描いた風景画が主だが、講談にまつわる浮世絵もあったと言います。

今回、このイベントのために、日野原さんは神田伯山(松之丞さんは2020年2月11日に、真打昇進とともに六代目神田伯山を襲名する)にまつわる浮世絵を自費で購入したという。
歌川貞秀・歌川国貞ほかによる、1864年の作品「江戸の花名勝会 き 三番組」(個人蔵)。初代伯山の名前と講釈台、張り扇が描かれた大変珍しい浮世絵なんだそう。

歌川貞秀・歌川国貞ほか「江戸の花名勝会 き 三番組」個人蔵

「くれるんですよね?」と会場の笑いを誘ったところで、「浮世絵って実際のところ相場はどれくらいなんですか?」という松之丞さんの質問に、「ピンキリですが、この初代伯山の浮世絵は1万6000円で購入しました」と日野原さん。

一般の人でも手に入る価格に松之丞さんも会場も驚きの声が。
六代目・伯山を襲名するにあたり、伯山にまつわるものをコレクションしたいと話す松之丞さんが「えーっと、1万7000円なら売っていただける?」とさらにおねだり。
このほかにも伯山や講談にまつわるものや、松之丞さんの持ちネタの1つでもある赤穂浪士ゆかりの浮世絵、そして第2部で読まれた「中村仲蔵」の浮世絵についても日野原さんが解説。

「すごく勉強になった、普通に買えるなんてびっくり。で、いくらで譲っていただけますか?(笑)」と名残惜しそうなところで第1部が終了。

怪談話ゆかりの浮世絵・葛飾北斎「百物語 こはだ小平二」日本浮世絵博物館蔵 ※展覧会出品作品
赤穂浪士伝ゆかりの浮世絵・歌川国芳「忠臣蔵十一段目夜討之図」日本浮世絵博物館蔵 ※展覧会出品作品

第2部の講談がはじまり、まくらの第一声「初代・伯山の浮世絵をいただけることになりました!」には会場から大きな拍手が。
そして今回の演目について、「『中村仲蔵』はシリアルバージョンとコミカルバージョンがありますが、今回はクリスマスなので、コミカルバージョンでお届けします」と、はじまった「中村仲蔵」。

歌舞伎の家柄ではない血のない役者の中村仲蔵が、同業者の嫉妬を受け、苦悩しながらも工夫を重ね名題へ昇りつめる演目。
実は講談を聞くのははじめてだった私。リズミカルに張り扇を操り、ぐいっと講談の世界に引き込む松之丞さんの話芸に完全にハマってしまいました。

第1部で「浮世絵を見てから講談を聞くと、のめり込みやすいと思います」と松之丞さんが言っていた通り、「中村仲蔵」ゆかりの浮世絵を見た後で聞く講談は、仲蔵の雰囲気をありありと思い浮かべることができ、より講談の世界へのめりこみました。

歌川豊国「五代目松本幸四郎の斧定九郎」太田記念美術館蔵 
勝川春章「初代中村仲蔵の大日坊」平木浮世絵財団蔵 ※展覧会出品作品

会場を出るときには、「いいもんみたわ」「泣いた」「素晴らしかったね」と満足気な声が聞こえてきます。私もこの独演会のすぐ後に、松之丞さんの次の公演をチェックしたほどです。(そして外れました……!)
大人気なので行ける日が来るかは分かりませんが、それまでに講談とゆかりのある浮世絵を調べつつ、楽しみに待ちたいと思います。(クロワッサン オンライン編集部 ユリ)

「The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション」
会期:2020年7月23日(木・祝)~9月13日(日)
※会期中展示替えあり
会場:東京都美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
チケット価格は未定

ユリ

『クロワッサン オンライン』エディター。丸顔・ショートヘアに大きめピアスが基本スタイル。365日中300日は次に買いたいもののことを考えています。お酒好きが高じて、ひとり飲みができるお店を開拓中。

⇒ ユリの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。