くらし

今聴いても世界一素敵な音楽だと思います。│ 野宮真貴さん

  • 文・神舘和典
野宮真貴(のみや・まき)さん●1990〜2001年、ピチカート・ファイヴで活動。11月26日から大阪、名古屋、東京で、ライヴ『野宮真貴、ピチカート・ファイヴを歌う。』を行う。http://www.miss makinomiya.com/

1990年代の“渋谷系”を象徴したユニット、ピチカート・ファイヴのベストセレクションがリリースされる。ピチカートは小西康陽(やすはる)さんが牽引。ヴォーカルを佐々木麻美子さん、田島貴男さん、野宮真貴さんが務めたが、今回は全盛期ともいえる野宮真貴さん時代から選曲。小西さんが完全監修を行った。「スウィート・ソウル・レヴュー」「東京は夜の七時」など36曲を収録している。

「ピチカートにいた時代は、私のキャリアでもいちばん世界中を飛び回った10年かもしれません。あのころ、世界一かっこいい音楽を作っているのが、ピチカートだと思っていました」

野宮さんが’90年代を振り返る。

「小西さんと私の関係は監督と女優のようなもの。彼の理想とする音楽をヴォーカルやビジュアルで表現するのが私の役割だったと思います」

なかでも記憶に鮮明なのは「スウィート・ソウル・レヴュー」のレコーディングだという。
「CMソングでもあり、小西さんからパンチを利かせてほしいと言われたことは忘れません、歌唱の頭に小さく“ん”を入れるイメージで歌うようにアドバイスしてくれました」

ヴォーカリストとして新しいアプローチが生まれ、曲もヒット。今でも音楽的なパワーを感じる。

〈今回、スタジオであらためて聴き直したとき、野宮真貴さんのヴォーカルの素晴らしさに気づいて感動しました〉

これはアルバムの中で「スウィート・ソウル・レヴュー」について小西さんが書いている楽曲解説だ。

「クロワッサン世代の人は、青春時代にピチカートを聴いた人も多いはず。今、若い人も含めて再び渋谷系ブームがきているようですが、これは、ピチカート・ファイヴの曲が世代を超えてスタンダードナンバーとして聴き継がれているからだと思います。自分でもう一度楽しむのもいいし、お子さんと一緒に聴いてもいいですね」

『THE BAND OF 20TH CENTURY Nippon Columbia Years 1991-2001』

小西康陽と野宮真貴の直筆サイン入り生写真付き(数量限定)。11月3日発売。日本コロムビア 7インチBOX 2万5000円(16枚組)。11月6日にはCDアルバムも発売される。3,200円(2枚組)。

『クロワッサン』1008号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。