くらし

コングクス【三原寛子さんのレシピ】

夏バテ気味の時にこそ食べたい、さわやかな一皿。火を使う調理が少ないのもうれしいポイントです。
  • 撮影・柳原久子 文・嶌 陽子

優しい味がクセになる、韓国の夏の朝ごはん。

豆乳ベースの滋味深い味わい

コングクスとは、韓国で主に夏に食べられている冷たい豆乳スープのうどんのこと。

「向こうでは、朝ごはんとしてもよく食べられているメニューだと友人に教わって」

三原さんが作るスープは、豆乳と昆布茶と白だし、ピーナッツをミキサーにかけたもの。麺を茹でている間にさっとできる。

「火にかけて煮るスープではないので、前の晩などに作って冷やしておかなくても、冷たい豆乳を使えば大丈夫」

豆乳の優しい甘さと、ピーナッツのコクの相性がばつぐんだ。

「麺は稲庭うどんなど、細めのほうがスープとよく合うと思います」

【材料(2人分)】
きゅうり1/4本
プチトマト5個
ピーナッツ25g
豆乳500ml
昆布茶小さじ1
白だし大さじ1
稲庭うどん160g
いりごま少々

【作り方】
1.きゅうりは千切りに、プチトマトは種を取り乱切りにする。
2.ピーナッツ、豆乳、昆布茶、白だしを合わせ、ミキサーにかける。
3.うどんを指定の時間茹でる。ザルにあけ、流水で洗いながら粗熱を取る。よく水気をきる。
4.器にうどんを盛り、2の汁をかける。きゅうり、トマトをのせ、いりごまをふる。

三原寛子(みはら・ひろこ)さん●料理研究家。料理ユニット『南風食堂』を主宰。店舗のフードディレクションや、アーユルヴェーダ料理教室の開催など幅広く活躍。https://www.nanpushokudo.com

『クロワッサン』1001号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。