【 8月1日〜14日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【8月1日〜14日の流れ】
6日まではバタバタと慌ただしい雰囲気となっていますが、その後は次第に落ち着きを見せます。ただ、表面上は動きがない出来事ほど、水面下で善悪ともにさまざまな物事が起こっているという暗示も出ています。「善悪ともに」というところは、大きなポイント。誰もが多かれ少なかれ、善悪を丁寧に分けていくことが必要となります。「分ける」ことは「分かる」ことでもあり、対象をきちんと理解しようとする姿勢が必須です。思い込みやイメージで判断するようになると、この8月前半は見誤ることも多くなるのでしょう。夏というエネルギッシュな季節は私たちを前へ前へと動かそうとしますが、敢えて立ち止まって熟考する。という時間も重要であろうと思います。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

先月に引き続き、あまり無理はきかない時期。ただでさえ暑さでエネルギーが奪われる時期ですから、もりもりに予定を立てるよりも少なめに、できることを見極めて動くとよさそうです。無理なく丁寧に物事と向き合えば笑顔も増え、まわりの人といい関係を築いてもいけます。夏の装いを楽しむなど、ファッションやヘアスタイルの変化を楽しむことも開運につながるので、ぜひお試しを。

対人運

自分の思惑と相手の望みにズレが生まれやすいとき。「違うけど、なんとかなるだろう」とふんわりした状態で進めると、思わぬ衝突もあるかもしれません。「違うかも」と思ったときにしっかり向き合うことで、相手はそれを「真剣さ」「誠実さ」として受け取ってくれるはず。衝突なんて避けたいのはもちろんですが、同じ出来事でも「良くしていく」という選択もできることを、ぜひ心の片隅にでも留めておいていただけたらと思います。

金運

ファッションやビューティー面の出費が多くなりやすい傾向がありますが、持ち前のセンスが冴え渡るのでいいモノが手に入るはず。この夏のあなたがときめくものを、見つけてみたいところです。副業を検討している人は、気になる案件を見つけられる予感。ただ、報酬や待遇が良すぎるものはそのほとんどが、精神的にかなり疲弊する条件つきであるよう。ちょっと凡庸だなと思っても、妥当と思えるものを選ぶといいでしょう。

吉方位

1日:東、南西、北東 2日:東 3日:南東、北西、北 4日:北西 5日:東、西、北東 6日:南東、北東 7日:南、北 8日:南、南西、北 9日:東、西 10日:東、南東、南西 11日:東 12日:南東、北西、北 13日:北西 14日:東、西、北東

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。