【8月1日〜14日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【8月1日〜14日の流れ】
6日まではバタバタと慌ただしい雰囲気となっていますが、その後は次第に落ち着きを見せます。ただ、表面上は動きがない出来事ほど、水面下で善悪ともにさまざまな物事が起こっているという暗示も出ています。「善悪ともに」というところは、大きなポイント。誰もが多かれ少なかれ、善悪を丁寧に分けていくことが必要となります。「分ける」ことは「分かる」ことでもあり、対象をきちんと理解しようとする姿勢が必須です。思い込みやイメージで判断するようになると、この8月前半は見誤ることも多くなるのでしょう。夏というエネルギッシュな季節は私たちを前へ前へと動かそうとしますが、敢えて立ち止まって熟考する。という時間も重要であろうと思います。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

自分が思っている「これがベスト」な予定よりも、少し時間に余裕を持って過ごすとちょうどよさそう。仮に時間が余ったとしても、その時間がちょっとした気分転換になったり、サクッと用事をこなせたりと、心にも余裕が生まれるでしょう。何事もじっくりと時間をかけて進めたほうがいい結果になる時期なので、難しいなと思えるオファーは頑張りすぎずに辞退するのもいい選択に。本当にあなたを思ってのオファーであれば、仮に断ったとしてもまた次がありますよ。

対人運

少なからず身辺に変化が現れそう。仲よくしていた人が転勤で距離が離れてしまったり、よく通っていたお店が閉店したりと、「あるのが当たり前」になっていたことが急になくなる暗示です。でも、今でなくともそうした変化というのは、ちょいちょい起こるもの。距離は離れてもお付き合いを大切にする方法を考えたり、目の前で続いているご縁を改めて大切にしたりと、この機会に心を配ってみるといいかもしれません。

金運

相続や不動産、親族のゴタゴタなど、家がらみの課題が持ち上がってくるかも。あなたがこの道のエキスパートであれば問題なく解決していけると思うのですが、そうでない場合は「よく知らない」「わからない」ということがムダな不信感につながりそう。必要であれば士業のプロの手などを借りながら、丁寧に解決を試みていきましょう。こうした課題が特にない方は、堅実モードでいれば特に心配なことはなさそうです。

吉方位

1日:南、西、北西 2日:東、西、北東 3日:南東、南西、北東 4日:東、南、北 5日:南東、北西 6日:東、南西 7日:東、南東 8日:南 9日:北東 10日:西、北西 11日:東、西 12日:南東、南西、北東 13日:東、南、北 14日:南西、北西

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。