【 6月15日〜30日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月15日〜30日の流れ】
前半でも触れましたが、いよいよ2022年も折り返し地点。世の中的に、上半期の課題が少々、積み重なったまま下半期に突入する人が多くなりそうです。日々はカレンダーの日付ばかりで全てが決まるわけではありませんから「まあ7月に入ってからのんびりやるか」と思っていては、どうしても気分がダレてくるのも事実です。特に、自分のことについて後回しにしていることは、この6月中に頑張って取り組んでいくといいでしょう。自分の滞りをなくしてこそ、運の滞りも取れていくものと考えて。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

晴れた日にするスキップのように、軽快な気持ちで過ごせる2週間。気持ちが赴くままにどんどん前に進み、自分のフィールドを広げていきましょう。ハッと気づけば、思った以上の高みに達していたという人も少なくなさそうです。目標を高く持つというのも、この時期の幸運をつかむための大きなポイント。人によっては「野望」と呼べるようなものを胸に抱くのですが、それでOKです。

対人運

全体的には非常にいい対人運。リアルなお付き合いばかりではなく、SNSをマメに更新したり、人の写真にコメントしたりとつながりを強めておくと、思わぬ人がコンタクトを取ってくるようなこともありそうです。相談事や頼まれ事を引き受ける際は、見返りに期待すると運気が低迷しそう。力を尽くしたならどうしたって「何かオイシイ思いをしたい」と考えそうなものですが、敢えての無欲がベストです。

金運

値上げのあおりを受けて思わずため息。「ずっと苦しい状況だったらどうしよう」などといった思いもあるかもしれませんが、今月の収入ななかなかいい線をいっているはず。毎月固定のお給料をいただくという人も、今後の収入増に期待が持てるでしょう。副業にも前向きな動きがあります。いい案件を見つけられるときなので、前向きに探してみては。

吉方位

15日:北西、北 16日:東 17日:東、南東、北東 18日:東、西、北 19日:南、南西、北西、北 20日:南、北 21日:南東、西、北東 22日:東、西、北東 23日:北西 24日:南東、北西、北 25日:自由に過ごす日 26日:東、南西、北東 27日:東、西、北 28日:南西、北西、北 29日:南、北 30日:南東、西、北東

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。