【6月15日〜30日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月15日〜30日の流れ】
前半でも触れましたが、いよいよ2022年も折り返し地点。世の中的に、上半期の課題が少々、積み重なったまま下半期に突入する人が多くなりそうです。日々はカレンダーの日付ばかりで全てが決まるわけではありませんから「まあ7月に入ってからのんびりやるか」と思っていては、どうしても気分がダレてくるのも事実です。特に、自分のことについて後回しにしていることは、この6月中に頑張って取り組んでいくといいでしょう。自分の滞りをなくしてこそ、運の滞りも取れていくものと考えて。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

中旬のうちは少々テンションが低めですが、やるべきことは確実に進めておくことが大事。というのも、下旬には一気に盛り返し、テンションが低めだった時期の分まで取り戻すかのようにいろいろな出来事がスタートするから。ここで過去のタスクに手をつける状態でいては、せっかくの上昇気流に乗るのが遅くなってしまいます。集中できる場所や状況を作り上げて、テンションの低さを補って。

対人運

仕事での進退や安全がかかわることについては即判断・即決断すべきですが、それ意外は白黒はっきりつけすぎないほうがうまくいきそう。というのも、白と黒どちらかと決めてしまうことで、人の優しさや気遣いを切り捨てることにもなるからです。「敢えてグレーにしておく」という思いやりもありますね。だから「自分にはわからないものを簡単にジャッジしない」と自分に言い聞かせておくと、大切なものをしっかりと選び取っていけるはずです。

金運

お金周りでは、今月のうちは少々、迷いが多そう。ショッピングでも資産運用でも、一瞬でも迷ったなら「やめておく」というのも非常に前向きな判断になります。ただ、土地や住まいなど不動産に関連することは、妙に“引きが強い”とき。偶然とは思えないレベルでいい物件と出会えたりするので、もし将来的に購入を考えているなら、積極的に情報収集をして現地に足を運んでみるとよさそうです。

吉方位

15日:北東 16日:東、西 17日:北西、北東 18日:西、北 19日:南東、南、北西、北東 20日:東 21日:南東、南西 22日:東、北西 23日:南東 24日:南東 25日:南、西 26日:南西、北西、北東 27日:西、北 28日:南東、北西、北東 29日:東 30日:南東

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。