【6月15日〜30日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月15日〜30日の流れ】
前半でも触れましたが、いよいよ2022年も折り返し地点。世の中的に、上半期の課題が少々、積み重なったまま下半期に突入する人が多くなりそうです。日々はカレンダーの日付ばかりで全てが決まるわけではありませんから「まあ7月に入ってからのんびりやるか」と思っていては、どうしても気分がダレてくるのも事実です。特に、自分のことについて後回しにしていることは、この6月中に頑張って取り組んでいくといいでしょう。自分の滞りをなくしてこそ、運の滞りも取れていくものと考えて。
  • 文・真木あかり

五黄土星

総合運

かなり忙しくなってくるものの、「振り回されるのは嫌だ」と防衛の姿勢をとるのは避けたほうがよさそう。余計に変な運を呼び寄せてしまい、にっちもさっちもいかない状態になりかねません。逆に「いい刺激になるかも」などと前向きに受け止めてみると、物事は意外なほどシンプルだと気付くこともできるでしょう。未経験のことは「経験できてありがたい」、できないことは「これからできるようになること」などと、自分の伸びしろを広げる発想をしてみるとサクサク進みそうです。

対人運

既成概念を気持ちよく打ち破ってくるような、刺激的な友人に恵まれそう。最初は「えっ?」と思わず聞き直してしまうような意見に思えても、よくよく説明を聞けば至極納得できる意見に感動すら覚えるかも。人はいくら客観的に、論理的にと意識はしても、どうしたって偏ったものの見方になってしまうもの。それが「個性」というものでもあるのですが、いろいろな人に接することでバランス感覚も身につくでしょう。

金運

「見栄をはる」ということの愚かさは、きっと誰もが意識していることでしょう。でも、そうは言っても気になるのもまた事実です。この2週間は、人からのイメージがとても気になるよう。「こんな○○じゃ笑われるかも」「せっかく××な人だと思われていたのに」などといったことが、無意識のうちにショッピングやマネープランに影響します。お買い物をする際は、本当に自分が欲しいものなのか、それとも「そう見せたい自分」が欲しいものなのか、考えてみると間違いがないだろうと思います。

吉方位

15日:南、南西、北、北東 16日:東、西、北東 17日:南、西、北西、北東 18日:西、北 19日:南東、南、北西 20日:東、南東 21日:東、南東、南西、西 22日:東、南東、南西、北西 23日:南、北 24日:南東、南、南西、北 25日:南、西、北東 26日:南、南西、西、北西、北東 27日:西、北 28日:南東、北西 29日:東、南東、北西 30日:東、南東、西

五黄土星の基本性格
五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。