【1月15日〜31日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

穏やかで優しいムードの半月です。リラックスして物事に取り組むことができるので、自分らしくいつも通りになさっていれば自然と物事がうまく回っていくでしょう。常に「向上心を持ちましょう」「成長しましょう」と言われる私たちですが、運というものは使いよう。この時期は「絶対にこうしてやる」「もっと欲を出そう」などと肩に力が入ってしまうと、かえってぎこちない時間になるのです。もしも頑張り屋さんモードに入ってしまったら、散歩でもして血行を良くすると、程よく心もほぐれてくるようです。

対人運

「愛」なのか「執着」なのか、「こだわり」なのか「ただの意地」なのか。そんなふうに、特定の人に対する自分の気持ちをどう解釈したらいいのか迷うとき。前者=善、後者=悪と決めつけすぎると、ストレスがたまりそうです。コインの裏表と違って、私たちの心はマーブル状に入り組んでいます。どちらもあって当然ですし、それが「人間味」というものでしょう。自分の心の一部を否定するよりは、「何かを決めるときは、前者に従う」くらいの気持ちでいると、自分にも相手にも優しい行動を選択できるでしょう。

金運

変わりやすい運気です。大きなお金を動かすことについては、できれば判断を先延ばしするといいでしょう。仮にその分野に詳しくて自信があったとしても、想像もつかないような展開が起こったり、偶然が重なり合うようにしてまさかの結果になったりしそうなのです。「敢えてのリスクテイク」的なことも、ハズレくじになりがち。つまらなくても、確実なほうを選べると安心です。

吉方位

15日:南、西 16日:南西、北西 17日:南 18日:東、南東、北西 19日:東、南西、西 20日:南東、南西、北西 21日:南、北 22日:南東、南西、北東 23日:東、西、北東 24日:南、西 25日:南西、北西 26日:南 27日:東、南東、北西 28日:東、南西、西 29日:南東、南西、北西 30日:南、北 31日:南東、南西、北東

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。