暮らしに役立つ、知恵がある。

 

頚椎椎間板ヘルニア

原因と特徴

頚椎椎間板ヘルニアとは、首や肩、腕、手足に痛みやしびれが生じる病気です。頚椎を構成する7つの骨の間にある軟骨の椎間板の一部が、正しい位置から外れて飛び出てしまうことにより、近くの脊髄や神経を圧迫することで症状があらわれます。その原因としては、悪い姿勢やスポーツなどが挙げられ、主な症状のほか、手が動かしにくくなる、つまずきやすくなるなどの症状や、首の後ろが張ることによって筋肉が収縮し、頭痛が生じることもあります。しかし、圧迫の程度が比較的軽い頚椎椎間板ヘルニアでは痛みやしびれは生じるものの、物を持ったり、ボタンをかけたりするなどの日常的な動作においては、基本的に問題がありません。ただし、重症度が高くなると、手足の麻痺だけでなく、「まったく手足が動かなくなる」という症状もみられます。

治療

一般的に、軽いしびれや痛みなどの軽症の場合には痛み止めやネックカラーなどを用いた保存的治療が行われ、筋力低下の程度が強い場合や運動麻痺症状があらわれている場合には、手術が検討されます。

  • 監修

    前田裕輔 (まえだ・ゆうすけ)

    グランプロクリニック銀座院長

    関西医科大学卒。内科専門医、日本抗加齢医学会専門医。

    https://granpro-clinic.com/

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載